舞台『ワーニャ伯父さん』

いろいろ舞台を観ていると、どの作品に出演しててもどんな役を演じてても「本当に凄いな」と毎回思える素晴らしい俳優さんが何人かいる。
その代表としては大竹しのぶさん。大竹しのぶさんは本当に凄い。テレビで見かけるあのフワフワした感じは舞台の上では微塵もない。演じているその“役”そのものの“存在”がそこにある。毎回観る度に本当に驚きます。

もう一人、大竹しのぶさんと同じぐらい毎回驚くのが宮沢りえさん。「大竹しのぶ」「宮沢りえ」という誰もが知る大女優二人なのでミーハー感満載で「当たり前だろ!」とツッコまれるかもしれないけど、本当に舞台上での姿に毎回驚かされるのです。
そして、この「大竹しのぶ」「宮沢りえ」のラインに並ぶ、舞台で本当に凄いと思える俳優をもう一人見つけました。「黒木華」さんです。正確には見つけたと言うより今回観劇した舞台で確信した。

黒木華さんが出演し、しかも宮沢りえさんとも共演の舞台『ワーニャ伯父さん』を初台にある新国立劇場小劇場で観劇してきました。
【作品詳細】
 ロシアでの初演から1世紀以上の時を経た21世紀の現代でも、世界中のどこかで必ず何かが上演されている、、、それがチェーホフ四大戯曲です。KERAは、本シリーズ第1作目「かもめ」から、「チェーホフが見たら一番納得してもらえるような上演を目指すこと」を明言。その言葉通り、大胆なカットも翻案も施さず、まずは戯曲に忠実に、登場人物の心情を丁寧にたどりながら、緻密で繊細な人間の普遍的な心情に寄り添ってきました。しかし、その上演台本にあるのは、まさしくKERAならではの言語感覚が随所に生きた世界・・・。そのスタンスは第3弾「ワーニャ伯父さん」でも継続されています。
 四大戯曲の登場人物たちの多くは、理想と現実との狭間で苦しみ、ままならぬ人生を送らざるをえなくなった、いわばやり切れなさを抱えた人々がほとんどです。でも、ストーリーの流れの中では、これといって大きな悲劇や事件に遭遇するわけでもなく、登場人物の悲喜こもごもの転機は、戯曲の中では声高に描かれていません。それらの出来事は、まるで「幕間」に静かに通り過ぎていったかのように、“事の終わり”の心模様のみが、台詞に淡々と編みこまれていきます。
 今回上演の『ワーニャ伯父さん』は、四大戯曲の中でも一番、突破口のない閉塞感を抱え、「諦めの境地」に囚われた救いのない人たちが集まっているように思えます。そのヒリヒリとした痛々しさは、あるときは滑稽でもあり、またあるときは、哀れな切なさも感じさせます。それがまた、チェーホフ戯曲の魅力とも言えますが、チェーホフの冷徹な視点を一番感じさせる作品とKERAの組み合わせ、そして、劇場も新国立劇場小劇場へと空間も変わり、また新たな出会いの予感を感じさせるシリーズ第3弾です!
 本作の人物像をKERAと共に新たに創り上げていくキャスト陣は、まさに磐石のチーム編成です。
まず、前作『三人姉妹』に続くKERA×チェーホフシリーズへの登場となる 段田安則、宮沢りえ。これまでも多くの共演作から 傑作舞台を生み出してきた二人に益々の期待が高まります。そして、本年上演の「お勢登場」での悪女ぶりとは真逆の役柄に挑む黒木華、KERA演出作に不可欠の存在感と実力を誇る山崎一、文学座中堅として幅広く活躍する横田栄司、 KERA演出は『2人の夫とわたしの事情』以来になる水野あや、今年は朝ドラ『ひよっこ』でお茶の間でもお馴染みの遠山俊也、舞台・映像を含め幅広いジャンルを軽やかに行き来するエネルギッシュな先輩二人:立石涼子と小野武彦 の9名が揃いました。
また、今回、KERA演出プランにより、ギター奏者:伏見蛍が出演し、ギターの生演奏で、登場人物の心情を描いていきます。
KERAとチェーホフとの3度目の邂逅。そして、重量級のキャスティングの妙が織り成す『ワーニャ伯父さん』に、是非ご期待ください。

三軒茶屋シアタートラムで舞台『お勢登場』を観たとき「えっ??黒木華凄いんですけど!!」と思ったのは今年の二月。黒木華さんのことは映画やドラマで観てたので知ってたけど、目の前でのお芝居を観て本当に驚いた。こんなに凄い女優だったのかと。
あれから半年以上経ち、再び彼女が出演する舞台を観劇できることになり、しかも共演に宮沢りえさんがいると言う。この舞台だけは絶対に見逃したらダメだ!と、ずっと楽しみにしていました。

舞台『ワーニャ伯父さん』は舞台を観ることが好きな人じゃないと難しい作品かもしれない。別に「玄人向きの作品だ」とか、自分のことを「観劇慣れしている」とか言いたいわけではなく、この舞台は大きな演出がされているわけではなく、淡々と役者の芝居の力で進んでいく作品だから。
役者の演技力の出来でこの舞台の成功が左右されるだけに、役者の力が爆発すればとてと素晴らしいものになるタイプの作品。(←何から目線だ!)

現にこの『ワーニャ伯父さん』はとても素晴らしかった。上にも書いたけど、大きな演出があるわけではないし、大きな波があるわけでもない。それなのに観ていて感情が揺さぶられる。それも大きく揺さぶられる。これは物語が物語なだけに観ないとわからない体験だと思います。
こんなにとても静かな物語なのに、こんなにも感情が動揺する作品はなかなかありません。
それもこれも全てはケラリーノ・サンドロヴィッチさんの上演脚本、演出、そして出演された俳優陣の方々の力の賜物。当たり前ですよね。メインキャストが段田安則さん、宮沢りえさん、山崎一さん、黒木華さんなんだから。他の共演者さんも素晴らしかったし。

ただ、何よりヤッパリ黒木華さんが凄かったのですよ。宮沢りえさん等に引き出された部分はあったのかもしれないけど、本当に凄かったのです。特に最後のシーン。私、鳥肌立ちましたよ。そして涙が止まらなかったですよ。
日本のメジャー演劇界は「大竹しのぶ」→「宮沢りえ」→「黒木華」としっかりとしたラインが出来上がっている。この『ワーニャ伯父さん』を観てもらえばわかります。
まだ公演中なのかな??チャンスがあれば是非観て欲しい。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000