フエルサ ブルータ WA!

先月、BLOGOSにこんな記事が上がっていました。

(BLOGOS 2017/8/15 内藤忍)

渋谷駅の衰退の原因はこの記事では渋谷駅の複雑さにあると書いてありますが、確かにそれも一理あるとは思いますし、識者の大方の意見もほぼ近いものが多い。渋谷駅本当に複雑化を極めております。まだまだ開発途中で工事中という事を加味しても複雑化極まりない。もはやダンジョンです。そりゃ渋谷駅を使う人が減るのもわかります。

渋谷駅は複雑さが問題にありますが、ただ、それ以上に渋谷駅が品川駅に抜かれた大きな理由があります。それは、渋谷が“つまらない”街になってしまったからです。
ファッションや音楽、最先端カルチャーの街だった渋谷も今じゃどこにでもあるような大手チェーンのお店ばかり。数少ない個人でやってるようなお店も頑張ってはいますが、それは「奥渋」と言われる神山町や、最近人気飲食店が次々出店してる円山町など限定的なエリア。しかもこれらのエリアはどちらかと言えば「大人向き」で若者やファミリーが集まるようなエリアではない。

道玄坂、東急本店通り、バスケットボールストリート(旧センター街)、公園通りを渋谷の中心と捉えると、この「中心」でこそ「渋谷的」なものを集めないといけないのに、どこにでもあるようなお店が並びつまらない街となっている。
メインストリートがつまらない街に人は集まりませんよ。本当に“もったいない”街づくりをしているのが渋谷だと思います。

では、渋谷を抜いた品川はどうか。品川駅の最大のメリットは東海道新幹線の駅があることでしょう。改札抜けるとすぐわかりますが物凄い人の流れがあります。それともう一つ品川駅の特徴としては高輪口と港南口で雰囲気が全く違うという事もあると思います。
港南口はどちらかと言えば飲食店が多くお酒を呑みに行くイメージに対し、高輪口は“遊び”のイメージが強い。映画館、水族館、ボウリング場、いろいろあって一日遊べます。こうゆう一箇所に集中したレジャー施設がある街はそれだけで人を呼べる強みがあります。
渋谷にはなかなかこうゆう場所がないですからね。このままいけば間違いなく渋谷はどんどん差をつけられて行くと思いますよ。最近の品川は本当に楽しいですからね。

今、品川で一番のオススメスポット言えばステラボールで開催中のエンターテイメントショー『フエルサ ブルータ WA!』です。
限界を突き抜けろ!仮装じゃない、リアルな幻想世界へー。熱狂の70分。

世界30カ国・60都市以上で、500万人以上の観客を魅了し、世界中を熱狂の渦に巻き込んだ体験型エンターテインメント『フエルサ ブルータ』が、なんと日本にインスパイアされた最新作を制作。8月より世界に先駆け東京で世界初公開します。
これは音楽ライブでは無い。演劇でもミュージカルでは無い。これまでのどのイベントにも当てはまるものは無い。ただ一つ言えるのは写真にも映像にも言葉にも収まらない"究極体験"のみ。
さあ、人間の「本能」を刺激する、バーチャルじゃないリアルな幻想世界へー。

今年は世界に先駆けて東京から始まった『フエルサ ブルータ』。まさに「考えるな!感じろ!」の世界。レポなんか必要ない。とにかく自分で体感してほしい。
素晴らしいエンターテイメントショーです。

この公演、写真撮影、動画撮影オッケーなんです。公演観ながらなので上手く撮れてませんがいろいろ貼っておきます。

なかなかできない体験ができます。絶対に楽しめます。このチャンスに絶対観といた方がいいです。
最高に楽しかったですよ!!


『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000