第一回 鶴瓶 鉄瓶親子会 東京公演

9月15日、なかのZERO小ホールで開催された笑福亭鶴瓶さんと弟子の鉄瓶さんの親子落語会へ行ってきました。
まずは笑福亭生寿さんが『狸の鯉』を。有名な話なのかな??私は聴いたことなかったけど、サゲの「鯉の柿登り」に思わず拍手。面白かった。

続いて笑福亭鉄瓶さんが『阿弥陀池』を。枕で師匠である鶴瓶さんに同行して行ったメルボルンの話から。鉄瓶さんの落語初めて聴いたけどとても良かった。聴き心地がよくてクセになる。今後要チェックな落語家さんだ。

そして笑福亭鶴瓶さんの登場。さすが鶴瓶さん。舞台に登場するだけで空気が変わる。拍手の大きさも全然違うし、大スターの貫禄、オーラが凄い。
まずはマネージャーのウキさんの話から。鶴瓶さんの話ではテッパンネタだけど何度聞いても面白い。他にも変な運転手のタクシーによく当たる話などもラジオでよく聞いた話なのにやっぱり面白い。熟練した話芸のなせる技なんだろうな。
枕でありながら次から次へと話が出てきてもはや鶴瓶さんの独演会状態。恐らく袖から「時間が」的な声があったと思われるけど、鶴瓶さんが袖に向かって「まだええやろ??1時間でも2時間でもいくらでも喋れるで!」と。もう客席は大歓迎と言わんばかりの大きな拍手。
ここまでくると落語会と言うよりもはや「鶴瓶噺」状態。最高に面白くて笑い続けたまま落語『死神』へ。鶴瓶さんの『死神』はもう何度か聴いたけどやっぱ最高だ。名作であり、多くの人が噺てきてる落語だけど、それぞれの色があって、また鶴瓶さんの色もあって最高に良い噺。今回も素敵でした。

中入り後、最後に再び鉄瓶さんが高座へ。師匠が「ドッカンドッカン」ウケ続けたためメチャクチャプレッシャーになってると。確かにちょっと可哀想でもあった。笑
最後に掛けた噺は『宿屋仇』。この噺好きだな。なんか落語の良さ、面白さがわかる入口として最高な気がする。登場人物それぞれの様々な心情が入り交じってるのにとてもわかりやすい噺。鉄瓶さんも上手いのもあって聴いててとても楽しかった。

落語は聴き始めると本当に楽しくてもっともっと知りたくなる。映画観て舞台観てライブ行ったりしてると落語会に行く時間なくてホントどうしようかと思う今日この頃…。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000