映画『ミックス。』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『ミックス。』観てきました。
【作品詳細】
ドラマ「リーガルハイ」で知られる人気脚本家・古沢良太のオリジナル脚本作品。新垣結衣と瑛太がダブル主演を務め、卓球を題材に、男女混合ダブルス(ミックス)を通じて巻き起こる人間模様を描いた。幼い頃、卓球クラブを経営していた母のスパルタ教育により、天才卓球少女として将来を期待された多満子だったが、母の死後は普通の人生を歩んでいた。ある時、恋人を会社の新人社員に寝取られたことをきっかけに、逃げるように田舎に戻った多満子は、いまや赤字経営に転落した卓球クラブを立て直すことになる。そのために全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を目指すことになった多満子は、クラブに通う落ちぶれた元プロボクサーの萩原とコンビを組むのだが……。監督は、同じく古沢のオリジナル脚本作品「エイプリルフールズ」を手がけた石川淳一。2016年のリオデジャネイロオリンピックで男子シングルス銅メダルを獲得した水谷隼をはじめ、石川佳純、伊藤美誠ら本物の卓球選手も登場する。
(本編/119分 2017年/日本 配給/東宝)


映画ファンが観たらどう思うかわからないけど私個人的にはとても楽しめた作品でした。
ここまでの豪華キャストが集まると話の軸がブレがちになるけど、本作はサイドストーリーの量が適量で最後まで物語の主軸はブレなかった。
それだけじゃなく、全体通してのテンポの良さや笑いのポイント、笑いの手数などが絶妙で、とにかく観ていて飽きない作り。脚本がとても良かったと思います。蒼井優さんの「玄関にラー油まいとけ!」には爆笑でした。

この映画に出てくる人たちは何も特別な人ではなく普通の人たち。普通の生活のなかにもそれぞれ“いろいろ”ある。その“いろいろ”の中にドラマが生まれる。
大人はプライドが強いけど意地ははらない。だから素直に受け入れたフリをする。それでも何かにすがりたい、何かを求めたい。そんな時、ふと背中を押してくれるのは子供だったりする。
一歩踏み出しちゃえばあとは全力で頑張るだけ。その頑張りを見ることで人の心は動きだす。
人は一人では輝けない。自分が頑張るのは自分が輝くためではなく誰かを輝かせるため。自分が輝いて見えるのは誰かが輝かせてくれているから。
そんなメッセージに溢れた笑いと感動の映画です。

そして何よりこれだけは言っておきたい。

ガッキー可愛すぎる!!

ポッキーのCMで日本中の男が心奪われたのが2007年。あれから10年も経っているのになんなんだこの可愛さは。女子高生ガッキー、ガングロガッキー、OLガッキー、ユニフォームガッキー、全部可愛い。ホントに彼女の存在は奇跡だよ。

ただね、この映画、新垣結衣さんだけじゃないんですよ。
姉御肌的な広末涼子さんも相変わらず可愛いし、多満子の母親役の真木よう子さんの怒ってる顔も美人で素敵です。中国人役の蒼井優さんもとにかく面白くて可愛い。それになんと言っても永野芽郁さんのあの“あざとい”(良い意味で)可愛さ。完璧でした。

映画的に深く考察したりするような作品ではないかもしれないけど、とにかく楽しめる作品だと思います。コアな映画ファンには受け入れられないかもしれない。だけど、私はこうゆう映画も好きだな。無駄に多い製作委員会じゃなく東宝とフジテレビだけだったのが良かったのかもなとも思いました。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000