映画『バリー・シール アメリカをはめた男』

みんな大好きトム・クルーズ主演、映画『バリー・シール アメリカをはめた男』TOHOシネマズ渋谷で観てきました。
【作品詳細】
トム・クルーズがパイロットからCIAエージェントに転身し、麻薬の運び屋として暗躍した実在の人物バリー・シールを演じるクライムアクション。バリーの嘘のような人生がアクション、コメディ要素満載で描かれる。敏腕パイロットとして民間航空会社に勤務するバリー・シールのもとに、ある日CIAのエージェントがやってくる。CIAのスカウトを受けたバリーは、偵察機のパイロットとしてCIAの極秘作戦に参加。作戦の過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、バリーは麻薬の運び屋としても天才的な才能を開花させる。エージェントとしてホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをする破天荒な動きをするバリー。そんな彼にとんでもない危険が迫っていた……。監督は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」に続き、クルーズとタッグを組むダグ・リーマン。
(原題/『American Made』 本編/115分 2017年/アメリカ 配給/東宝東和)


バリー・シールは実在した人物です。CIA、麻薬カルテル、アメリカを手玉にとるとか、もうスケールが凄すぎて想像できない。
FPSカメラ視点なども多用されてるので、映画なのにドキュメンタリーを観ているようでした。

この映画は言ってしまえばトム・クルーズらしい作品。彼の“カッコ良さ”を存分に見れる、スターならではの映画。
それにしても55歳とは思えないよ。トム・クルーズにはいくつになってもこんな映画に出演し続けてほしいなと思います。


ぜんぜん話は関係ないですけど、ビットコインの値上がりが凄いですね。私も少し持ってますが、いつも取引してるcoincheckがアフェリエイト拡充したので、これから始める人は良ければここから入ってください!笑

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000