映画『ゲット・アウト』

映画館での上映前に流れる最近の特報の中で気になるものが二つあります。11月3日公開の『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』と、11月10日公開の『ジグソウ ソウ・レガシー』です。公開直前なので流れるのは当たり前なのですけど、ちょっと怖すぎるんですよね…。
あらゆるジャンルの映画を観る方ですが、ホラーとかサイコスリラー系や残忍なシーンがあるものはあまり得意ではないので、この二つの特報を観ると今から観る映画の本編の前に少し萎えてしまう自分がいる。笑
面白い映画かもしれないけどたぶん私は観ない。「特報であのレベルなら本編どんだけやねん!!」って感じですよ。泣いちゃいますよ…。夜、眠れなくなっちゃいますよ…。

そんなホラー映画が苦手な私ではあるのですが、TOHOシネマズ新宿で映画『ゲット・アウト』観てきました。
【作品詳細】
「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」「ヴィジット」など人気ホラー作品を手がけるジェイソン・ブラムが製作し、アメリカのお笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールが初メガホンをとったホラー。アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の彼女ローズの実家へ招待される。過剰なまでの歓迎を受けたクリスは、ローズの実家に黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えていた。その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席したクリスは、参加者がなぜか白人ばかりで気が滅入っていた。そんな中、黒人の若者を発見したクリスは思わず彼にカメラを向ける。しかし、フラッシュがたかれたのと同時に若者は鼻から血を流し、態度を急変させて「出て行け!」とクリスに襲いかかってくる。
(原題/『Get Out』 本編/104分 2017年/アメリカ 配給/東宝東和)


なんで観ようと思ったのか…初めて本作の特報を観た時はそんな「ホラー」要素がある映画だとは思わなかったんですよね。思わなかったんですよ…そして怖かったんですよ…面白かったけど。

何書いてもネタバレになる作品なので特に何も書けないけど、心臓に悪いんですよ…この映画。「ホラー」とは少し違うのかもしれないけど、ドキッとするシーンが急に来るもんだから私の心臓はもう爆発しそうでしたよ。
体調の良い時に観た方がいいです。あと明るいうちに観た方がいい。暗くなってから観ると帰り道が怖くなります。笑



恵比寿のスペインバル『ガポス』の秋刀魚の燻製が美味しかった。スタンディングバルで気軽に呑めるのでオススメです。


これからビットコインなどの仮想通貨を始めようかなぁ…なんてお考えの方がいらっしゃいましたら下記サイトで開設していただくと私、喜んじゃいます。笑

また、「映画について呑みながら語ろう」なんて優しいお誘いありましたらこちらに連絡ください。
tatsuru.kanada@gmail.com

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000