映画『gifted ギフテッド』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『gifted ギフテッド』観てきました。
【作品詳細】
「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エバンスが幼い姪に愛情を注ぐ独身男を演じ、「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ監督がメガホンをとったファミリードラマ。生まれて間もなく母親を亡くした7歳のメアリーは、独身の叔父フランクとフロリダの小さな町でささやかながら幸せな毎日を送っていた。しかし、メアリーに天才的な特別な才能が明らかになることで、静かな日々が揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクのもとに、フランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すため2人を引き離そうと画策する。母の画策に抵抗を続けるフランクには、亡き姉から託されたある秘密があった。
(原題/『Gifted』 本編/101分 2017年/アメリカ 配給/20世紀フォックス映画)


まず、タイトルの「gifted」の意味をWikipediaより引用します。
ギフテッド(英: Gifted, Intellectual giftedness)は、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。または、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を指す。

高度な知的能力を持つ「gifted」な少女メアリー。そのメアリーと、自殺した姉から娘メアリーを託されたフランクの本当の親子以上の絆の物語。

この映画はなんのレビューも見ずに観てほしい。フランクのメアリーに対する思い。何が正解で、何が間違いなのか。それは誰にもわからない。
ただ、大切な人を想う気持ちに血の繋がりは関係ない。

とにかく泣いた。そして考えた。自分だったらどうするか…(子供いないのに。)。
答えはいつまでたってもでない。だからこそ、こうゆう映画を観て想像して考えることが必要なんだと思う。

メアリーが親友だと言う隣人のロバータをオクタビア・スペンサーが演じてるのですけど、映画『ドリーム』の時に続きまた良い味出してるのですよ。
決して登場人物が多い映画ではないけど、全キャストが絶妙でいて最高。そして少ない登場人物の中でも多くの物語がある映画。
間違いなく名作だと思います。




ーーーーーーーーーー




友人のラーメン通に「昔、環七ラーメン渋滞を作った店の系譜店が池袋にある」と聞いて行ってきました。
その店は池袋西口にある『環七土佐っ子ラーメン』。ラーメンと半チャーハンのセットを。
美味い不味いとかではなく、もはや文化だ。池袋で遊んだ〆に最高なラーメン。あの頃の環七の伝説に触れた気がした。




ーーーーーーーーーー




ついに1BTC=100万円突破!!これからビットコインなどの仮想通貨を始めようかなぁ…なんてお考えの方がいらっしゃいましたら下記サイトで開設していただくと私、喜んじゃいます。笑


また、「映画について呑みながら語ろう」なんて優しいお誘いありましたらこちらに連絡ください。

tatsuru.kanada@gmail.com

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000