映画『GODZILLA 怪獣惑星』

新宿バルト9にて映画『GODZILLA 怪獣惑星』観てきました。
【作品詳細】
日本が誇る「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画。巨大な怪獣たちが支配する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく帰還した人類の闘いを描く3部作の第1部。20世紀末、巨大生物「怪獣」とそれを凌駕する究極の存在「ゴジラ」が突如として地球に現われた。人類は半世紀にわたる戦いの末に地球脱出を計画し、人工知能により選ばれた人々だけが移民船で旅立つが、たどり着いた星は人類が生存できる環境ではなかった。移民の可能性を閉ざされた船内では、両親の命を奪ったゴジラへの復讐に燃える青年ハルオを中心とする「地球帰還派」が主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断。しかし帰還した地球では既に2万年もの歳月が流れており、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた……。「名探偵コナン」シリーズの静野孔文と、「亜人」の瀬下寛之が監督をつとめ、「PSYCHO-PASS サイコパス」の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当。「シドニアの騎士」「亜人」などセルルックの3DCGアニメーションを多く手がけるポリゴン・ピクチュアズが制作。
(本編/89分 2017年/日本 配給/東宝映像事業部)


「ゴジラ」と「アニメ」、間違いなく日本が世界に誇れるエンターテイメント。初めて「ゴジラ」が「長編アニメ」としてスクリーンに。さらに昨年の映画『シン・ゴジラ』の大ヒットである。『GODZILLA 怪獣惑星』は否が応でも期待が高まる作品。

昨年公開の『シン・ゴジラ』は私の中で生涯ベスト級に大好きな作品。公開時、私は「『シン・ゴジラ』が本当の意味で凄い作品になるのはこれからだ」と言い続けた。それはなぜかと言えば、今後必ず「『シン・ゴジラ』に影響された」とゆうクリエイターが次々出てくると思ったから。
次世代に影響を与えるであろう作品として本当に素晴らしい作品だと思います。
その『シン・ゴジラ』に続いての「ゴジラ映画」である『GODZILLA 怪獣惑星』。正直、よくわからなかった。

ゴジラではなく様々な怪獣に襲われた地球。
その後、ゴジラも登場。
宇宙人も登場。
人類は地球に住むことができなくなり宇宙へ。
宇宙にいることにも限界が来て、再び地球に向かうことに。
時間の流れが宇宙とは違うため戻った地球は2万年後の地球。
まだゴジラいるよ。
食べるものも少なくなるぐらい宇宙をずっと彷徨ってたのになぜか武器は豊富。
そしてゴジラと戦い…

『GODZILLA 怪獣惑星』はどのくらいの期間をかけて作られたものなのだろうか。もう少し内容的に詰めた方が良かったんじゃないかなとは思う。なんか全体的に荒い。
本編89分の短さではなかなか描けないだろうし、それなら来年公開される続編と合わせて一本にした方が良かったのではないか。この映画は続編観ないとまだなんとも言えない感じ。




ーーーーーーーーーー




先日の明け方『一蘭』に続いて、今度は明け方『天下一品』やってしまった。
『天下一品』はコッテリにラー油をかける食べ方が大好き。胃はもたれるけどたまに無性に食べたくなる。




ーーーーーーーーーー




これからビットコインなどの仮想通貨を始めようかなぁ…なんてお考えの方がいらっしゃいましたら仮装通過取引所の「coincheck」オススメです。開設も簡単、取引も簡単です!!


また、「映画について呑みながら語ろう」なんて優しいお誘いありましたらこちらに連絡ください。

tatsuru.kanada@gmail.com

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000