『天下一品』or『一蘭』

映画録はちょっとお休み。今日はラーメンについてちょっと書きたい。
ただ、書きたいと言ってもレポなんてものではない。私が気になったのは『天下一品』と『一蘭』、明け方食べるとしたらどっちの方が胃腸のダメージが少ないだろうかということ。

私は朝まで呑むことが多い。そして〆にラーメンをどうしても食べたくなる時がある。特に『天下一品』や『一蘭』にはなんか中毒性があるから余計に。
先日も呑んだあと明け方に『天下一品』を食べてしまった。
私の『天下一品』の食べ方は「コッテリ」にラー油を3周ぐらいかける。このラー油がいけないのか、そもそも濃厚スープがいけないのか、その時は美味しく食べれても起きた後の胃腸は地獄だ。

はたまた別の日、映画を朝まで観た後に小腹が空いたので『一蘭』へ。大行列でおなじみの『一蘭』だが明け方はそうでもない。
『一蘭』と言えば味の好みを自分で設定できる。私は全ての項目を「基本」にする。麺ですら「カタメ」にはしない。全てが「基本」だ。冒険しない。
『天下一品』に比べると『一蘭』の方がお腹に優しい気もするのだが、やはり翌朝の胃もたれは尋常じゃない。

『天下一品』と『一蘭』、いったいどちらのラーメンが胃腸に優しいのだろうか。
いろいろ考えた挙句一つの結論に達した。そうだ、結局どちらもダメなのだ。いや、どちらもダメではないのだ。私の胃腸がダメなのだ。

さんざん酒を呑んで弱った胃腸にラーメンである。どこの店のラーメンだろうとダメなのだ。
いや、もっと言ってしまえばラーメンじゃなくてもダメなのだ。〆に何かを食べるような歳ではもうないのだ。
そもそもだ、さんざん酒を呑むことからダメなのだ。言ってしまえば、何もかもダメなのだ。
私自身がダメなのだ。いい歳したオッさんが自業自得で招いたことに胃腸がどうだと言う資格はないのだ。

そんなこんなで、若干体調を崩しており映画が観れてない。毎日何かしら書くことを決めていたので今回はこんなことを書いてみた。
大丈夫だ。ラーメンもエンターテイメントなのだから。
今日こそ何か観に行こう。




ーーーーーーーーーー




これからビットコインなどの仮想通貨を始めようかなぁ…なんてお考えの方がいらっしゃいましたら仮装通過取引所の「coincheck」オススメです。開設も簡単、取引も簡単です!!


また、「映画について呑みながら語ろう」なんて優しいお誘いありましたらこちらに連絡ください。

tatsuru.kanada@gmail.com

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000