『M-1グランプリ2017』

今年もM-1が終わりました。
お笑いが好き、それ以上にお笑い芸人さんのことを尊敬している私としては年に一度のこのお祭りが毎年本当に楽しみ。「キングオブコント」や「R-1」も楽しいけど、やっぱり“話芸”である「漫才」で勝負する「M-1」は他とは違う特別な面白さがある。

※ここから書くことは結果を全て知った上で書いています。尚且つ、様々な人の論評も読んだ上で書くので、完全な個人的な主観のみになります。

今年は多くの人が言っているように例年以上の混戦だったと思います。
まず、準決勝で破れたコンビで行われる敗者復活戦。ここのメンバーがとても豪華。その豪華メンバーから勝ち上がったのはスーパーマラドーナ。さすがです。

今回からルールが変わり、漫才を披露する順番は「笑神籤」とゆう御神籤でその都度選ばれたコンビが漫才を披露することに。これは公平と言えば公平だけど芸人さん側としたらとても難しいとは思う。
一組目はゆにばーす。相変わらずのキャラ立ちしたコンビ。キャラはインパクトあるけど、そのキャラは“ツカミ”だけであとはキャラに頼らなくても漫才として面白いと思う。伏線の回収も完璧でいきなり一組目として凄かった。

二組目はカミナリ。去年、叩きすぎる漫才で上沼恵美子さんと一悶着あったけど、今年は上沼さんも気に入っていた模様。でも、漫才が終わった直後に抜かれた上沼さんの顔が意味深な気もした。
個人的にはカミナリみたいに“叩く”ことがポイントになる漫才は今の時代難しいのかもと思ったり。日馬富士のこともあるし。笑

三組目は今年優勝のとろサーモン。準決勝で破れた南海キャンディーズらと同期で今年ラストイヤー組である。
「総書記感」「日馬富士」など、今回のM-1では唯一時事ネタを入れていた気がする。(ミキが北の金ファミリーネタ入れてたけど)
世界観が独特で好き嫌い別れるのもわかる。ただ、やっぱ時事ネタを入れる漫才が私は好きだな。

四組目にスーパーマラドーナ。敗者復活戦から勝ち上がった実力コンビだけにさすがの面白さ。
ただ、「コンパに“オネェ”がいた」から始まるツカミが気になった。審査員からは特に何もなかったけど、LGBTの問題からもその辺は“笑い”として厳しい気がする。面白いだけに…

五組目はかまいたちなんだけだ、この間に一度CMが入る。お笑いショーレースをテレビでやる難しさはこれで、観客が“笑える”流れで来ているところを一度切られるCM後のコンビはなかなかキツいと思う。サッカー中継がロスタイムまでCM入れないみたいに全組が終わるまでCM入れないことはできないのかな。
それでもかまいたちの漫才は、マジで二冠あるかもと思うぐらい相変わらずの面白さ。関西のバウンティーハンターの実力を見た。

六組目はマヂカルラブリー。今年の上沼さんはカミナリではなくこのコンビとバチバチに。笑
上沼さんの気持ちわかるけど、だとしたらここまで漫才として審査し、決勝まで上げてきた準決勝までの審査員や運営の責任もある。これも一つの漫才の形なのでしょう。
にゃんこスターと同じでインパクトは残したから売れてく気がする。

七組目はさや香。初めて見たのかな??面白い。リズムネタなようでいてちゃんと話芸。新しい気がする。
毎年必ずダークホースと言うか新鋭出てくるから凄い。

八組目はミキ。どんどん声を張り上げ、内容も激しくなりながら巻き込んでいく漫才。
中川家以来の兄弟漫才M-1ファイナリストなのか。兄弟だからこそできるネタがあるのは強い。

九組目に和牛。今大会の大本命でもある。私は今大会一番好きな漫才。
和牛の漫才を見るたびに思うのが「声色」の重要性。二人の声がネタの内容と最高に合ってる。伏線、フリの回収も気持ちよくて拍手。

最後はジャルジャル。凄かった。ジャルジャルワールド。漫才なのか、コントなのか。「話芸」としての一つの完成系。
もしジャルジャルの出番が最後じゃなかったら全体的に得点が変わってきてたかもしれない。
採点後の福徳さんの涙、それにつられたのか松本人志さんも込み上げてくるものがあったよう。
“笑い”を求める現場で“泣ける”ものがあるのはそれだけ芸人さんたちが本気でこの大会に挑戦しているからだと思う。

採点の結果、決勝は和牛、ミキ、とろサーモン。どこが勝ってもおかしくない。
とろサーモンは所属する吉本興業を揶揄する「車事故」をフレーズに使うなど決勝でもそのスタイルを崩さない。
ミキはパターンが同じでもとにかく笑いの勢いが凄い。
和牛もフリからのオチ。もう名人芸。私の中では和牛さんが一番だった。

優勝したのはとろサーモン。文句なしの優勝だと思う。
今年のM-1は大会に挑んだ芸人さんたちもそうだけど、最後の審査員さんたちの涙も印象的だった。それぐらい「本気」と「緊張」に包まれた空間だったんだろうと思う。

M-1を見ていると、夢中になれるものを若い頃になぜ見つけれなかったのかと悔やむ。それは見つけれなかったのか、見ようとしなかったのか。恐らく後者。
だからこそ、どうなるかわからない世界に若い頃から飛び込み、“笑い”を武器に挑み続けている芸人さんたちを本当に尊敬する。
早くも来年のM-1が楽しみです。




ーーーーーーーーーー




恵比寿の『茶和 cha-wa』はお昼から夜まで通し営業をしていて、夜でも定食が食べれるお店。
定食メニューも豊富だけどカレーなんかもある。
茶和カレーはひき肉たっぷり、ボリュームあるので若い子にオススメ。




ーーーーーーーーーー




これからビットコインなどの仮想通貨を始めようかなぁ…なんてお考えの方がいらっしゃいましたら仮装通過取引所の「coincheck」オススメです。開設も簡単、取引も簡単です!!


また、「映画について呑みながら語ろう」なんて優しいお誘いありましたらこちらに連絡ください。

tatsuru.kanada@gmail.com

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000