映画『ビジランテ』

テアトル新宿にて映画『ビジランテ』観てきました。
【作品詳細】
「22年目の告白 私が殺人犯です」「SR サイタマノラッパー」シリーズの入江悠監督によるオリジナル脚本作品。大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太の主演で、入江監督の地元である埼玉県深谷を舞台に地方都市特有の暗部を描いていく。高校時代に行方をくらました長男の一郎、市議会議員を務める次男の二郎、デリヘルの雇われ店長をしている三男の三郎。三兄弟はまったく世界の異なるそれぞれの道を生きてきた。兄弟の父親が亡くなり、失踪していた一郎が30年ぶりに突然帰ってきたことにより、三兄弟の運命が交じり合い、欲望や野心、プライドがぶつかり合う中で、三兄弟を取り巻く事態は凄惨な方向へと動いていく。大森、鈴木、桐谷がそれぞれ長男、次男、三男を演じるほか、篠田麻里子が次男の妻役で出演。
(本編/125分 2017年/日本 配給/東京テアトル ※R15指定作品)


年の瀬に凄い映画が公開された。今年は映画『22年目の告白』も大ヒットした入江悠監督の最新作。完全オリジナル脚本とのこと。

この映画はどこに真実があるのかわからない。そもそも、真実があるのかもわからない。
欲、怒り、悲しみ、寂しさ、人間の救われることのないあらゆる感情、最後まで決して肯定されることのない人間の「業」を狂気と暴力で“描ききった”作品。

とにかく観ればわかる。
この一言に尽きる。




ーーーーーーーーーー




新宿二丁目の信号近くにあるラーメン屋『萬馬軒』。味噌ラーメンがメイン。辛味噌らーめんを。
麺は柔らかすぎ??とも思ったけど、スープはかなり美味しい。二丁目で遊んだ帰りに寄りたいお店。
「目黒らーめん」の「目黒」がなんなのか気になるとこではあるけど。




ーーーーーーーーーー




(クランクイン!)

楽しみでしかない!!3人にはとことん突き抜けてほしいよ。


(AFP BB NEWS)

いろんな意見があろうとも、とにかくなんとかしてあげてほしいよ。ホントに。


(朝日新聞DIGITAL)

誰に対して「現実的ではない」んだよ。こんなじゃ働き方改革なんて一生無理やで。








『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000