映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

年末だ。忘年会やらイベントやらで映画がぜんぜん観れない日々を送っている。別に映画を観る義務はないのだけど、ここまで観れないとなんか辛い。観たい映画が溜まってく一方だよ…。

そんなバタバタしてる年末ではありますが、TOHOシネマズ渋谷にて映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』観てきました。
【作品詳細】
YouTube動画をきっかけに話題となり、「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化もされた実話を、佐藤健&土屋太鳳の主演で映画化。結婚を約束し幸せの絶頂にいた20代のカップル・尚志と麻衣。しかし結婚式の3カ月前、麻衣が原因不明の病に倒れ昏睡状態に陥ってしまう。尚志はそれから毎朝、出勤前に病院に通って麻衣の回復を祈り続ける。数年後、麻衣は少しずつ意識を取り戻すが、記憶障害により尚志に関する記憶を失っていた。2人の思い出の場所に連れて行っても麻衣は尚志を思い出せず、尚志は自分の存在が麻衣の負担になっているのではと考え別れを決意するが……。「64 ロクヨン」の瀬々敬久監督がメガホンをとり、「いま、会いにゆきます」の岡田惠和が脚本を担当。
(本編/119分 2017年/日本 配給/松竹)


ハッキリ言おう。期待値はかなり低かった。まずタイトルが好きじゃない。『8年越しの花嫁』ってタイトルだと「あぁ、8年越しに結婚するのね…」ってそのままだし、『奇跡の実話』なんて堂々と謳うのもどうかと思う。
だからこの映画は私の中でライムスター宇多丸さん風に言わせてもらえば、完全にナーメテーター作品だったのです。
ただ、実際観てみたら…完全にヤーラレーター作品でした。

もう一つハッキリ言おう。泣いたよ。いやぁ泣いた。これが小説原作とかのフィクションだったら「そんなことあるかい!」って思って泣くことはなく、むしろ冷めた目で観てただろうけど、“実話”ってのが凄い。

映画前半はまだ病気になる前の土屋太鳳さん演じる麻衣と、佐藤健さん演じる尚志が出逢い、結婚するまでの幸せな生活を描く。ただ、どんなに“今”が幸せでも、どこかに不穏な未来が近づいてきていて、この二人の場合にはそれが麻衣の病気なのだけど、その不穏な予感は少しずつ現れ始めてくる。
麻衣が尚志に言うわけです。

「優しすぎるけど、大丈夫?」

そうなんです。尚志が優しすぎることがこれから起きる二人の、そして麻衣の家族の心を苦しめることにもなる。
でも、そんな心の苦しみを救ってくれたのもまた尚志の優しさでもある。

映画って冒頭にタイトルバックが入ることが多いと思うのですが、本作は冒頭には入りません。ほとんどエンディングを迎えるあるシーンの直前で入ります。このタイミングが素晴らしすぎる。
今年公開された『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』もタイトルバックの入るタイミングが絶妙だなっと思っていたのですが、この作品も本当に絶妙。

普段映画を観るとき、だいたいスタッフも調べてから観に行くのですが、今回は調べなかったんですよね。言うたら監督も誰か知らずに観ました。なぜならナーメテーター作品だったから。
あまりにも演出、脚本が良かったからエンドロールで監督と脚本誰だろうと思って見ていたら、監督は瀬々敬久さん、脚本は岡田惠和さんなんですね。そりゃ素晴らしい作品なわけだ。

今年ももう終わりますが、ここにきてまた一つ日本アカデミー賞候補作品が生まれた気がする。佐藤健さん、土屋太鳳さんの主演男優賞、主演女優賞もあると思います。特に土屋太鳳さんは名演でした。
あと、個人的には朝ドラ『わろてんか』で夕役を好演中の中村ゆりさんも良かった。

思えば、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の主題歌もback numberだったけど、本作もback numberなんですよね。back numberが主題歌の映画にハズレなしかもしれません。

(reference:YouTube)

とにかく、本当にナーメテーテーごめんなさいです。本当に良い映画だと思います。『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』に負けず劣らずほぼ満席をキープしてるのも頷ける一作。




ーーーーーーーーーー




いつのまにか新店ラッシュ激戦区と化した明治通り渋谷〜恵比寿間。並木橋に宮崎名物「辛麺」の専門店もオープンしました。
辛麺屋一輪』の辛麺は麺や辛さ、トッピングなども自分好みにできる。辛麺って呑んだあとに食べたくなりますよね。




ーーーーーーーーーー




(ハフィントンポスト)

亡くなった女の子がホントに可哀想だ。マスコミもパーソナルな部分まで報道する必要はないよ。


(毎日新聞)

今はまだヨーロッパ圏での独立運動が目立つけど、広まれば遅かれ早かれ日本にも来る問題だろうな。沖縄とかは確実にその手の運動は拡がる。その時、日本はどうするのか。


(ORICON NEWS)

これは絶対観たいやつだ。出ることが決まったら決まったでグダグダ言う奴らなんなんだろうな。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000