映画『花筐 HANAGATAMI』

有楽町スバル座にて映画『花筐 HANAGATAMI』観てきました。
【作品詳細】
名匠・大林宣彦監督が、1977年のデビュー作「HOUSE ハウス」より以前に書き上げていた幻の脚本を映画化し、「この空の花」「野のなななのか」に続く戦争3部作の最終章として撮り上げた青春群像劇。檀一雄の純文学「花筐」を原作に、戦争の足音が迫る時代を懸命に生きる若者たちの友情や恋を赤裸々に描き出す。1941年、春。佐賀県唐津市の叔母のもとに身を寄せている17歳の俊彦は、アポロ神のような鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら個性豊かな学友たちと共に「勇気を試す冒険」に興じる日々を送っていた。肺病を患う従妹・美那に思いを寄せる俊彦だったが、その一方で女友達のあきねや千歳と青春を謳歌している。そんな彼らの日常は、いつしか恐ろしい戦争の渦に飲み込まれていき……。大林監督作の常連俳優・窪塚俊介が俊彦役で主演を務め、俊彦が憧れを抱く美少年・鵜飼役を「無限の住人」の満島真之介、ヒロイン・美那役を「江ノ島プリズム」の矢作穂香がそれぞれ演じる。
(本編/169分 2017年/日本 配給/新日本映画社 ※PG12指定作品)


御歳80歳になられる日本映画界の巨匠、大林宣彦監督作品。まずは公式サイトに掲載された大林監督のメッセージを読んでほしい。


昨年末には『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』にも出演され、大林宣彦監督と宇多丸さんが本作『花筐 HANAGATAMI』についてじっくりと語っていました。

本作の舞台は日中戦争最中、昭和16年12月8日の真珠湾攻撃、太平洋戦争開戦の足音がすぐそこまで迫ってきている時代。
本作を観ながら私は先日観たばかりのアレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』を思い出しました。1929年生まれのホドロフスキー監督と1938年生まれの大林宣彦監督。生まれ年こそ約10年違うものの、二人に共通するのは“戦争体験”があり、それを自身が撮る映画に反映させてきたこと。
『エンドレス・ポエトリー』では戦争ではなく芸術家の葛藤をメインに描きながらも、街にはナチスの旗が揺らめく不穏な空気が漂う世界を感じ取れました。

同じように、『花筐 HANAGATAMI』でも直接的に戦争が描かれているわけではない。十代の若者たちの青春を描いているのだが、戦争とゆう時代の不幸な流れは確実に迫ってきている。
戦争に行く者、戦争に行けない者、戦争で死んだ者、そして生き残った者。
同じ時代を生き、同じ場所で過ごしたとしても、そこにはそれぞれの戦争がある。

「青春は戦争の消耗品ではない」

『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー監督の永遠に続く“ポエム”で表現した映画だとすれば、『花筐 HANAGATAMI』は戦争を知る大林宣彦監督からの伝え続けていかなければいけないとゆうメッセージを込めた“詩集”。

もうすぐ平成が終わる。今年は戦後73年。もしかしたら“戦後”ではなく“戦前”になるかもしれない今の時代だからこそ観るべき一作。
素晴らしい名作だと思います。




ーーーーーーーーーー




(ホウドウキョク)
なんかさもありなんだな。それと、この人ペンネームだったことと奥様が十代だったことに驚き。


(NEWSポストセブン)
もうこの国ではなんもできないね。そんなに綺麗なものばっか見ようとしてたらおかしくなるぞ。


(産経ニュース)
これが事実なら学校側クソだ。より多くの、より簡単な“逃げ道”を作ってあげることでしかイジメは解決しないよ。


『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000