舞台『プルートゥ PLUTO』

渋谷、文化村シアターコクーンにて舞台『プルートゥ PLUTO』観劇してきました。
【作品詳細】
手塚治虫の魂を引き継ぐ者たちによる傑作
新演出で世界に向けた第二フェーズに突入
「たとえば、早く親離れしたいと思っている子どものように、原作から独立した作品を創作することもできたでしょう。でも僕は『プルートゥ』を親から切り離したいとは思いませんでした。この舞台を、親である浦沢直樹さんと長崎尚志さんに観て欲しかったからです」
2015年1月、『プルートゥ』の初日の幕が下りた後、観劇に訪れた原作者のふたりを前に、演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイはそう語った。
あらゆるタイプのダンスに、オペラからビヨンセのMVまで、ジャンルの区別なく手がける天才振付家が、初めて手がけた演劇作品。漫画のコマを象徴する7つの大型パネルを、8人のダンサーが縦横無尽に組み合わせてゆく装置に、上田大樹によるプロジェクションマッピングの概念を超える映像が投影され、原作から抜け出たかのごとく精巧に造られた実物大のロボット(パペット)も登場。俳優が演じるアトムやウランには、文楽の人形遣いのようにダンサーが密着し、彼らが人間ではなく、アンドロイドであることを表現してみせたりもした。
こうした独創的なアイデアを駆使しながらも、こだわったのは、あくまでも原作のエッセンスを忠実に再現すること。冒頭のシェルカウイから作者へのメッセージを受けて、浦沢直樹氏は言った。
「僕は『手塚(治虫)先生の魂のようなものを損うことなく形にできないか』。それだけを考えて『PLUTO』を創りました。今日この舞台を観て、今また正しく手塚先生の魂が甦っていると思いました。素敵なバトンが手渡されているなと」
あれから3年。原作者から太鼓判を押されたシェルカウイ版『プルートゥ』は、森山未來、吉見一豊、柄本明の不動最強メンバーに、土屋太鳳、大東駿介、吹越満というフレッシュな顔ぶれとパワーアップしたダンサー陣を迎え、いよいよ新演出による次なるフェーズに突入。人間とロボットの共存に平和への願いを込めた手塚治虫の魂を、世界に向けて発信し始める。
手塚治虫の『鉄腕アトム』の「地上最大のロボット」をリメイクし大ヒット。内外で愛読され続けている浦沢直樹・長崎尚志の漫画『PLUTO』を、大の手塚治虫マニアで『TeZukA』というダンス作品まで手がけている世界的ダンサー・振付家・演出家のシディ・ラルビ・シェルカウイが、演劇作品として舞台化。同じく手塚ファンで、『TeZukA』に続くシェルカウイ作品への出演となった俳優・ダンサーの森山未來をはじめとする豪華俳優陣で2015年1月に上演された。原作のビジュアルを多用した映像や、全長約4メートルにおよぶ「プルートゥ」など、精巧に造られたロボットのパペットも多数登場。それを操作するダンサー陣の大活躍もあって、原作漫画のイメージが見事に立体化され大反響を呼んだ。「普段はひとりで読む漫画を約700(シアターコクーンの座席数)人で一緒に読む感覚」を目指したというシェルカウイの演出は、舞台芸術の世界に一石を投じた新感覚の演劇作品となった。
(上演時間/約3時間 ※15分休憩あり)

(reference:YouTube)

年末から年始にかけて様々な映画賞が発表されます。日本アカデミー賞も候補作品は出揃いました。今年は例年以上に混戦ではないかと予想しています。
混戦であるなか、主演女優賞は『8年越しの花嫁』の土屋太鳳さんにほぼ決まりではないかと個人的には思っています。あの彼女は凄かった。素晴らしい体当たりな演技でした。

そして今回観劇した舞台『プルートゥ PLUTO』にも土屋太鳳さんは出演されています。
手塚治虫の『鉄腕アトム』をベースに原作された浦沢直樹氏の『PLUTO』。
演劇ファンであり、浦沢直樹漫画大ファンでもある私としては、前作を観ることができなかったこともあり是が非でも観たかった作品。

「えっ??土屋太鳳スゲェ!!」


もう、この想いがずっと脳内リフレインしてしまうぐらい土屋太鳳さんが素晴らしすぎた。
もちろんアトム役の森山未來さんも素晴らしすぎます。でも、森山未來さんの出演作品は何作も観てるので彼が凄いのはもう知っているのです。今回が舞台初出演とゆう土屋太鳳さん、本当に凄いのです。
“ウラン”と“ヘレナ”とゆうまったく違う二つのキャラクターを演じ分け、さらには彼女の持つ身体能力の高さを活かしたダンス。

なんなんだ??神は不公平だな!!


土屋太鳳さん、凄すぎます。素晴らしすぎます。観ればわかります。
まだ公演始まったばかりなのでチケット入手できたら絶対観てください。イギリス、オランダ、ベルギーと欧州公演ツアーもあるみたいです。絶対に観た方がいいやつです。

土屋太鳳さんの素晴らしさに引っ張られましたが、この舞台自体がとても素晴らしい。
本作はコンテンポラリーダンスが演出の中心にあります。それによってこの難しい世界観を舞台上で芝居によって表現するのにとてもマッチしていて、例えばアトムが飛行する表現を変にワイヤーとかを使うことなくダンサーたちによる演出で表現するなど、森山未來さんが近年挑戦し続けている作品にも通じるものがありとても良い演出で素晴らしかった。

“森山未來”と“土屋太鳳”、類い稀な表現力を持つ二人が“アトム”と“ウラン”を演じた本作。
人間とロボット、平和や戦争の話ではなく、あくまでも“家族愛”の物語。2018年観劇初め、最高でした。




ーーーーーーーーーー




(朝日新聞)
facebookて。笑


(YURIMARI ONLINE)
やれることはやってあげてほしい。ただ、他の人も集めるわけにもいかず、あの時は戻らないから「はれのひ」の罪は本当に重い。


(サンスポ) 
恐いね。まぁ冷静に考えれば考える直美ちゃんがヤフオクなんかに自分の名前入りのサインCD出すわけないもんね。





『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000