映画『希望のかなた』

渋谷ユーロスペースにて映画『希望のかなた』観てきました。
【作品詳細】
フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続いて難民問題をテーマに描き、2017年・第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマ。シリア人の青年カリードは内戦が激化する故郷を追われ、生き別れた妹を捜すうちにヘルシンキに流れ着く。内戦で全てを失ったカリードにとって、妹を捜し出すことだけが唯一の望みだった。ヨーロッパ全体を悩ませる難民危機の影響か、無情にも難民申請を却下され、いわれのない差別や暴力にさらされるカリードだったが、レストランを営むビクストロムに助けられ、彼の店で働くことに。ビクストロムもまた、行き詰った過去を捨てて人生をやり直そうとしていた。ビクストロム役に「過去のない男」のサカリ・クオスマネン。
(原題/『Toivon tuolla puolen』 本編/98分 2017年/フィンランド 配給/ユーロスペース)


日本人にとっては身近じゃなくても、欧米諸国にとっては常に“そこにある”難民問題。
戦火のシリアからフィンランドへ逃れてきた一人の青年を中心に難民の置かれた現状を描いた作品。

この作品では、難民たちの現状が淡々と描かれる。例えば難民申請。警察に申請をしに行くと、あとはまるでお役所仕事、作業のように事務的に進んでいく。
「難民」と聞くととても大変なことのように私は思ってしまうが(もちろん大変なのだが)、欧州にとってはこれが日常であり、リアルなんだろう。
難民は“守るべき者でも、責めるべき者でもない”が実情か。

戦火の故郷を離れ、酷い目に遭いながらなんとか逃げてきたとしても受け入れてもらえるかどうかはわからない。
その時の政府が、その時の状況が、様々な理由で受け入れの可否は決まる。まさにタイミング。
主人公のカリードは難民申請をするも却下され強制送還が決まってしまう。理由は、フィンランド外務省の見解として「シリアはまだそこまで酷い状況にない」と言うものだ。
その決定後、部屋で流れるニュースではシリアの悲惨な状況が伝えられる。

どこに正義があり、どこに味方がいるのかわからない。普通の生活すらままらない。
難民にとっては“希望”を見ることすら“遥かかなた”のことなのだ。
 
日本人が知らない難民のリアルを、静かな演出と魂のこもった音楽、それとシュールな笑いで描かれた名作。




ーーーーーーーーーー




(時事通信社)
「普通こんなん言わないだろう…」って思うようなことも「トランプならさもありなん」と思ってしまうのがトランプのダメなとこ。


(日刊スポーツ)
カッコいいじゃん。本人が一番ツライと思うし。松坂レベルの方が「やれるとこまでやる」のはそう簡単な話じゃない。素晴らしいよ。


(J-CASTニュース)
「自分でやれ」「高価なもの着る必要ない」「式典の意味は」…ごたごた言ってる奴いるけど、問題はそこじゃないんだよな。同じ時を過ごした家族や仲間との想い出の共有こそが大事であって、それが理不尽に潰されたのが問題なんだよ。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000