映画『愛の病』

シネマート新宿にて映画『愛の病』観てきました。
【作品詳細】
出会い系サイトで知り合った男をだまして大金を貢がせ、男たちに強盗殺人をするように仕向けた女が、1人を殺害、1人に重傷を負わせた2002年の「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」をベースに描いた官能サスペンス。生活費を稼ぐために出会い系サイトのサクラとして働くエミコは、彼女に入れ込んだ工員の真之助に「私はヤクザの組長の娘。組長に結婚を認めてもらうには組への登録料が必要」などと嘘をついて、大金を貢がせていた。ある日、解体作業員のアキラと出会い一目ぼれしたエミコはアキラとデートを重ねる。しかし、重度の障害を持ったアキラの姉・香澄の存在を疎ましく思ったエミコは、香澄を殺してしまいたいという衝動にかられ、真之助に連絡を入れる。主人公のエミコ役を本作が初主演となる瀬戸さおりが演じ、岡山天音、八木将康、山田真歩、佐々木心音、藤田朋子らが脇を固める。監督は「女の穴」「スキマスキ」の吉田浩太。
(本編/96分 2017年/日本 配給/AMGエンタテインメント)


次から次へと素晴らしい女優さんが出てきますね。本作で主演の瀬戸さおりさんも素晴らしい女優さん。瀬戸康史さんの妹さんなんですね。
簡単に調べる限りではまだあまり役者としての経験はないみたいなので、本作でのエミコ役は相当難しかったのではないかと思います。でも、もう「見事」としか言えないぐらい素晴らしい体当たりな演技。拍手ですよ。

この映画もキャストがとにかく素晴らしい。皆さんリアルなんですよ。実際に起きた事件を元にしているので、この“リアルさ”がかなりポイントになる気がするのですが、そこをとても上手く演じられてる。
観ていてこっちが病んでしまうぐらいリアルで見応えありました。

一点だけ、時間軸が気になるシーンも。例えばエミコと真之介(岡山天音さん)がレストランで会うシーン。店内の様子からだと「夜かな?」と感じるのですが、表に出ると昼間なんですよね。そうゆう時間軸が気になるシーンは何ヶ所かありましたが、それ以外は総じて素晴らしい作品だと思います。

愛に病んでいるのはエミコだけでなく、この作品に出てくる全員が愛に病んでるのかもしれない。むしろ、愛に病んでいることこそが普通のことなのかも。
エミコの行動が狂気に思えたとしても、それは、ふとしたことで誰の心にも芽生ええる狂気なのだと。
そんなことを思った作品でした。




ーーーーーーーーーー

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000