舞台『「髑髏城の七人」season月 〈上弦の月〉』

豊洲のIHIステージアラウンド東京で絶賛上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。主演の捨之介を福士蒼汰さんが演じる〈上弦の月〉と宮野真守さんが演じる〈下弦の月〉のWキャストで“season月”は上演されている。
今まで“season花”、“season鳥”、“season風”と劇場まで観に行ってきましたが、“season月”に至ってはスケジュールの都合でどうしても行ける日がなかったことと、映画館で観る“ライブビューイング”がどんな感じになるのか気になっていたので、今回初めて新宿バルト9でのライブビューイングで観劇してきました。

今回観たのは『「髑髏城の七人」season月 〈上弦の月〉』
【作品詳細】
1980年11月、大阪芸術大学舞台芸術学科の四回生を中心にしたメンバー(こぐれ修、いのうえひでのり等)で、つかこうへい作品『熱海殺人事件』にて旗揚げ。劇団名は、当時のメンバーが実家に帰省する際、新幹線を使っていたという安直な理由。つか作品のコピー劇団として人気爆発、関西学生演劇ブームの中心的存在となった。
演劇のジャンルは、初期のつかこうへいの芝居のコピーから、オリジナル路線に変更、お笑い、ロック、活劇がふんだんに詰まったエンターテインメントを極めていく。
現在では、いのうえ歌舞伎シリーズ、新感線Rシリーズ、ネタものシリーズと、各シリーズに細分化されており、その独特の個性は“新感線イズム”として確立、劇団☆新感線はエンターテインメントの中のジャンルのひとつとして語られるまでに。
俳優が出演したい劇団として定評があることから、毎作における豪華な客演の俳優陣も、見どころ!
これまでの劇団☆新感線史上最多動員数は、2012年越冬公演『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックⅢ』にて、約13万人を突破!!2015年、劇団☆新感線は35周年を迎えた。


1990年に池袋西口公園テントで産声を上げた『髑髏城の七人』は、以来7年ごと上演される度にブラッシュアップされ、今では劇団最高傑作と言われる名作。特に97年版は、物語・演技・殺陣・音楽など全ての面が完璧に調和し、“いのうえ歌舞伎”シリーズの真骨頂となった。そして2004年には“ドクロイヤー”と銘打ち、同じ作品を全く別のキャストで、更に演出を変えて春と秋に連続上演するという大胆な試みを決行。ドラマ性の強い『アカドクロ』、ケレン味の強い『アオドクロ』と見事に趣向を変えた作品はいずれも大成功を収め、一旦は作品として完結を迎えた。さらに初演から21年目の2011年には、若いキャストが結集することによって新たな着想を得て、『髑髏城の七人』がよみがえった。更にその7年後に掛かる2017年〜2018年というこの年に1年以上かけて “ステージアラウンド”という客席が回転するという大胆な演出が可能となる前代未聞の劇場の杮落としとしてこれまで類を見ない『髑髏城の七人』を上演中。
(本編/一幕90分、休憩20分、二幕125分)


とりあえず先にこれだけは…

今回も長い!!笑


安定の劇団☆新感線タイム。18時に開演し、終わって表に出たら22時ですよ。この上演時間の長さがあるから夜の公演が少ないのかな。
夜の公演が少ないから今回は劇場まで行けなかったのですが、初めて“ライブビューイング”とゆうもので演劇を観ていろいろ新たな気づきがありました。

ステージアラウンドはとても大きな劇場です。前方列でない限り演者の表情を捉えるのは正直難しい。演劇である以上、劇場で生の空気感を感じて観るのが一番だとは思いますが、ライブビューイングで観ると演者の表情がよく見える利点があるなぁと感じました。

舞台ではステージに上がっている全ての演者が役を演じています。台詞がなかったりスポットが当たっていない場所でも表情を作り、その世界観を作っている。
これを細かく感じるのは大きな劇場では難しい。ライブビューイングでは俯瞰で観ることが難しいかわりに、一人一人の細かな表情まで観れる良さがありました。

演出面では、“season月”は今までよりもエンタメ要素が強いように感じました。歌、ダンス、音楽などでのショー的な演出が多用されており、とても楽しくてわかりやすい舞台になっていた気がします。

今回何より「凄い」と思ったのは早乙女太一さん。“season鳥”では無界屋蘭兵衛を演じ、今回は天魔王。蘭兵衛のときの早乙女太一さんとはまたぜんぜん違う。蘭兵衛の時は「美しさの中にある狂気」を醸し出していたのに、今回の天魔王では「憎悪の中にある狂気」を溢れ出していて本当に凄かった。
オフィシャルブログの「撮影レポート 早乙女太一編」を読んでもわかる通り、この役にかける意気込みが感じられる演技。「迫真の演技」ってこうゆうのを言うのだろうと確信しました。

本当に残念ながら“season月〈下弦の月〉”はどうしても行くことが出来ないので『髑髏城の七人』も残すところ“season極”のみになりました。今から楽しみでしょうがない。



『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000