映画『ノクターナル・アニマルズ』

uplink渋谷にて映画『ノクターナル・アニマルズ』観てきました。
【作品詳細】
世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが、2009年の「シングルマン」以来7年ぶりに手がけた映画監督第2作。米作家オースティン・ライトが1993年に発表した小説「ミステリ原稿」を映画化したサスペンスドラマで、エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソンら豪華キャストが出演。アートディーラーとして成功を収めているものの、夫との関係がうまくいかないスーザン。ある日、そんな彼女のもとに、元夫のエドワードから謎めいた小説の原稿が送られてくる。原稿を読んだスーザンは、そこに書かれた不穏な物語に次第に不安を覚えていくが……。エイミー・アダムスが主人公スーザンに扮し、元夫役をジェイク・ギレンホールが演じる。
(原題/『Nocturnal Animals』 本編/116分 2016年/アメリカ 配給/ビターズ・エンド、パルコ ※PG12指定作品)


ずっと気になってた作品。観れて良かった。凄い映画でした。
多少ネタバレありで書きます。

この映画には三つの時間軸があります。
まずは主軸としてのスーザンの“今”。夫婦仲は上手くいっておらず、疑惑、不安もありながらも、元夫エドワードから贈られてきた小説を読みこむ。この軸を“現実”とします。
次はスーザンがエドワードから贈られてきた小説を読みながらエドワードとの日々を思い出す“回想”。
そして最後はエドワードの書いた小説の中の“想像”の物語。

スーザンは“想像”を読むことで過去を“回想”し“現実”を見つめ直す。
この3つの軸が同時に進むことによってこの映画の魅力が何層にも膨らむ。
そして観てる我々もこの一見複雑な世界に入り込んでしまったらもうトム・フォード監督の掌で転がされたも同然。抜け出せません。

エドワードの小説の感想をメールするスーザン。エドワードから「会いたい。火曜の夜、場所は君が決めて」と。スーザンが決めたのは高級レストラン。結局、その待ち合わせの場所にエドワードは現れなかった。

なぜエドワードは現れなかったのか。スーザンはエドワードと離婚したときから結局変われず“現実”を生きているからなのか。エドワードは“想像”の世界で死んだからなのか。
観た人と語りたくなる一作。




『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000