映画『アバウト・レイ 16歳の決断』

新宿ピカデリーにて映画『アバウト・レイ 16歳の決断』観てきました。
【作品詳細】
トランスジェンダーの主人公をエル・ファニングが演じ、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンらの豪華キャスト共演で家族との絆や葛藤を描いたヒューマンドラマ。ある日、身も心も男性として生きたいと告白し、そのためにホルモン治療を受けたいという16歳のレイ。突然のことに動揺を隠しきれない母マギーは、不安を打ち消すかのように近所に住む青年と一夜を共にする。一方、すでにレズビアンであることをカミングアウトし、パートナーと暮らしている祖母ドリーは、レイの決断を密かに応援していた。努力を重ね、少しずつ自分らしく生きていくレイを見て意を決したマギーは、ホルモン治療の同意書にサインをもらうため、レイの父親である元夫に会いに行く。
(原題『Three Generations』 本編/92分 2015年/アメリカ 配給/ファントム・フィルム)


トランスジェンダーがテーマな作品。私はLGBTの方々に対しての偏見はないと自信を持って言える。友達にも多いし。
だからこの映画を“他人”として観ればレイが願うことを叶えてあげるべきだと思うし、それが正しいことだと思う。ただ、それが親の立場だったらどうか…と考えてしまった。
大人になった時、「やっぱり戻りたい」と思ったら…。
16歳での決断に親が戸惑うのも無理はない。

レイの場合、祖母はレズビアンで同性の事実婚相手がいる。そして母にもレイには黙っていた過去がある。
個人で見れば「自分の気持ちに素直に生きる」とゆう単純なことだけど、それが親から子への想いとなると複雑さが現れる。
だからこの映画の邦題にある「16歳の決断」は私はちょっと違うんじゃないかと思っていて、決断するのは親が子に対するもの。だから“三世代”の物語なのではないかと。

レイを演じたエル・ファニングがまだ良かった。

ボーイッシュな役柄を美少女が演じる時は短髪はもちろんスケボーも必須アイテムなのかな。『anone』の広瀬すずちゃん然り。

部屋で踊り狂うシーンでも『パーティーで女の子に話かけるには』を思い出したりと、とにかくエル・ファニングが上手い。ナオミ・ワッツもスーザン・サランドンもそれぞれ個性あって良かったし。
色々と物議を醸してる作品みたいですけど、私は良い作品だなと思いました。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000