映画『羊の木』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『羊の木』観てきました。
【作品詳細】
「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が錦戸亮を主演に迎え、山上たつひこ原作・いがらしみきお作画の同名コミックを実写映画化したヒューマンミステリー。寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末は、これが過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。月末や町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は明かされなかったが、やがて月末は、6人全員が元殺人犯だという事実を知ってしまう。そんな中、港で起きた死亡事故をきっかけに、町の住人たちと6人の運命が交錯しはじめる。月末の同級生・文役に木村文乃、6人の元殺人犯役に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平と実力派キャストが集結。「クヒオ大佐」の香川まさひとが脚本を手がける。
(本編/126分 2018年/日本 配給/アスミック・エース)


映画の感想の前に、この映画に関して(内容とは関係ない)こんなニュースがありました。

(ハフィントンポスト)

映画ではこの『羊の木』から解禁みたいで、確かにその前までのジャニーズ出演作品には使われていない。だからこそ画期的なことなのだろう…ジャニーズ的には。
私からしたら「いつの時代の話だよ!」って感じだし、こんなことがニュースになっちゃうジャニーズ事務所って…。
ジャニーズの時代錯誤な締め付けはタレントや作品へのマイナスにしかならないから、これを機にどんどん変わっていってほしいね。せっかく多くの素晴らしいタレントを抱えてるのだから。
私、ジャニーズ好きだし…。笑

そんなジャニーズの錦戸亮さんを出演に迎えた『羊の木』。
過疎対策に悩む自治体に受刑者を迎え入れる国家極秘プロジェクトを担当することになった月末(錦戸亮)。詳しいことを何も知らずに迎え入れた6人全員は元殺人犯だった…。

まだ2月ですが、来年の日本アカデミー賞優秀作品賞は確定でしょうね。もしかしたら最優秀賞もありえるかもしれない。さすが吉田大八監督です。

6人の元殺人犯。そしてタイトルの『羊の木』。

観終わればこの『羊の木』とゆうタイトルが秀逸だとゆうことがわかる。

元殺人犯の6人は、全員がそれぞれ違う理由で殺人を犯し、また全員が違う思いで出所後を生きている。そして違う生き方を選んでいく。謎であり、不気味であり、怖さもある。
元殺人犯とゆう肩書きを背負いながら生きていく“ありとあらゆる”タイプの人間をこの6人がそれぞれ演じ分けている。

意味のわからないシーンも多い。ただ、“元殺人犯”であり、“国家極秘プロジェクトで選ばれた人間”であるとゆう異様さが、6人が起こす謎な行動すらも“異様”と理解しつつも「さもありなん」と受け取れてしまう見事な演出。

とにかくこの映画は脚本、演出、構成が見事です。あとキャスティング。特に怪しさしか漂わない元殺人犯6人のキャスティングは絶妙すぎでした。
特に市川実日子さん。本当に凄いし、なんか一番怖い。笑
観ればわかります。
そして観てほしい。
間違いなく今年の代表作になると思います。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000