映画『祈りの幕が下りる時』

新宿ピカデリーにて映画『祈りの幕が下りる時』観てきました。
【作品詳細】
阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の翼 劇場版・新参者」に続き、阿部が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。父との確執、母の失踪など、これまで明かされることがなかった加賀自身の謎が明らかとなる。東京都葛飾区小菅のアパートで滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見された。アパートの住人も姿を消し、住人と押谷の接点は見つからず、滋賀県在住の押谷が東京で殺された理由もわからず捜査は難航する。捜査を進める中で加賀は、押谷が中学の同級生で演出家の浅居博美をたずねて東京にやってきたことを突き止めるが……。演出家の浅居博美役を松嶋菜々子が演じるほか、山崎努、及川光博、溝端淳平、田中麗奈、伊藤蘭、小日向文世らが顔をそろえる。監督は「半沢直樹」「下町ロケット」「3年B組金八先生」など数多くのヒットドラマを手がけた福澤克雄。
(本編/119分 2018年/日本 配給/東宝)


『新参者』シリーズはドラマも映画も観たことがない完全な“新参者”な私ではありますが、この映画の評判があまりにも良いので観に行きました。
私のように「シリーズ観たことないからなぁ…」と思って躊躇してる人いると思います。でもね、「安心してください!問題ないですよ!」と、とにかく明るく伝えたい。
過去シリーズ観てなくても何の問題もありません。あえて言えば、阿部寛さん演じる加賀恭一郎は「ずっと“日本橋警察署”に勤務している」とゆうことさえ頭に入れておけば大丈夫です。

さすが人気ドラマシリーズからの映画版です。よくできてます。複雑な人間関係やプロットも、要所々々に説明書きが出されることでとても頭の中で整理しやすくなっています。
何を書いてもネタバレになるので難しいですが、クライマックスまでの事件捜査、推理部分に張り巡らされた伏線が、事件の真相に近づくにつれ回収されていく。
もう涙です。“新参者”なのに泣きました。

そして本作タイトルの『祈りの幕が下りる時』の意味。『祈りの幕』とは、『下りる時』はいつなのか…。
松嶋菜々子さん演じる演出家の浅居博美が演出した舞台は『異聞 曽根崎心中』でした。さすが東野圭吾大先生です。拍手!!
今までのシリーズを観たくなるぐらい面白かったです。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000