舞台『シャンハイムーン』

世田谷パブリックシアターにて舞台『シャンハイムーン』観劇してきました。
【作品詳細】
魯迅のいた時代。 
舞台は昭和9年8月から9月にかけての上海。場所は魯迅の友人であった内山夫妻が営む書店の二階。
『阿Q正伝』『狂人日記』などで知られる中国の偉大な文学者・魯迅。文学革命、思想革命の指導者でもあった。
しかし、弾圧の風吹き荒れる中でついに魯迅にも蒋介石の国民党政府より逮捕令が出された。
逃亡を余儀なくされた魯迅は妻・広平と共に親交のある内山完造、みき夫妻に匿われたが、魯迅の体は病気の巣窟となっていた。
しかし魯迅は大の医者嫌い。一計を案じた内山夫妻の元、医者の須藤五百三と歯医者の奥田愛三の両医師はそれぞれ大の魯迅ファンと肖像画家に成りすまして魯迅に近づき診察を試みる。
ところが、奥田が使用した笑気ガスがもとで魯迅は人物誤認症や失語症と奇態な病気に取り付かれてしまう!
魯迅を救おうと内山夫妻と日本人医師達は悪戦苦闘を繰り広げる!
国を憂い、家族を思い、文学に対する情熱を燃やし続けた魯迅が苦しみの中から見つけ出すものとは。
日本を心底憎みながら日本人を心から愛した魯迅。
これはこの魯迅とその妻と彼の臨終に立ち会った四人の日本人が激動の中国を舞台に繰り広げるおかしくも哀しい物語。
(上演時間/185分 ※途中15分休憩あり)

野村萬斎さん、広末涼子さん、共に舞台で観るのは初。
私、広末涼子世代ですからね。『MajiでKoiする5秒前』の発売より前に広末涼子さんに恋してた世代ですからね。永遠の憧れでもある女優。
言うてしまえば、広末涼子さんを目的に観に行ったと言っても過言ではない。
元々、映画などを観ても素敵な女優さんだなぁと思っていましたが、生のお芝居である舞台でもその素晴らしさは変わらなかった。

一幕は、野村萬斎さん演じる魯迅の中に隠れている“自殺願望”がテーマとなっている。自身の過去の行いや、様々な人の出会い、出来事から心の奥底で自分を責めている魯迅。さらには人物誤認症まで患ってしまい、まわりにいる者たちが自分と過去に関係があった人たちだと誤認してしまう。

そんな魯迅をなんとかして助けたい夫人や魯迅ファンの日本人たち。彼らがとった行動は、誤認されている者になりきり魯迅を“許す”ことだった。
そして二幕。人物誤認症に加え、さらに失語症まで患らってしまった魯迅をなんとかして救おうとする者たちと、魯迅が選んだ生き方を描く。

この舞台で描かれていたのは「精神と肉体」、それと「大義」だ。
魯迅と主治医である須藤との会話の中にもあるように、大切なのは“精神”なのか、それとも“肉体”なのか。
“肉体”が朽ち果てても崇高な“精神”は生き続けるのか。
それとも、健康的な“肉体”があるからこそ崇高な“精神”は意味を成すのなか。
“大義”に向かう今その時、目の前に救うべきものがあったとしたら…。

劇中の台詞にあるように、日本人にも、中国人にも、どんな国籍の人にも色々います。
小さな価値観の中で生きる無意味さ。
そんなことを感じれた作品。
とても良かったです。

それと、広末涼子さんはいつまでたってもMajiで可愛い。Koiしてからもう何秒経ったのでしょうか…。


『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000