映画『ぼくの名前はズッキーニ』

恵比寿ガーデンシネマにて映画『ぼくの名前はズッキーニ』観てきました。
【作品詳細】
母親を亡くし孤児院に入れられた少年が周囲の人々との関わりの中で成長していく姿を描き、第89回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされたスイス製ストップモーションアニメ。アルコール依存症の母親と2人きりで暮らす9歳の少年ズッキーニ。ある日、ズッキーニの過失によって母親が死んでしまう。親切な警察官に保護されて孤児院で暮らすことになった彼は、新たな環境の中で自分の居場所を見つけるべく悪戦苦闘する。フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭で長編部門の最高賞にあたるクリスタル賞と観客賞をダブル受賞。日本では、東京アニメアワードフェスティバル2017の長編コンペティション部門に出品・上映され、優秀賞を受賞している(映画祭上映時タイトル「ズッキーニと呼ばれて」)。
(原題/『Ma vie de Courgette』 本編/66分 2016年/スイス、フランス 配給/ビターズ・エンド、ミラクルヴォイス)


公式サイトにこう書いてあります。
世界中のハートをわし摑みにした奇跡のストップモーション・アニメーションが、ついに日本上陸!
これ以上ないコピーだ。
完全に私のハートもわし摑みされました。

様々な事情から家族と暮らすことのできなくなった子供たち。スイス、フランス制作でありながらこの映画が描くテーマは世界共通の問題。
親からの愛はなく、友達すらもいない子供たちが“孤児院”とゆう環境で暮らすことによって友情や大人からの愛を知る。

この映画を普通のアニメーションで作ることもできたと思います。ただ、普通のアニメーションだとズッキーニたちの“心”が見えてこなかったかもしれない。
ストップモーション・アニメーションとゆう手間も時間もかかる特殊な制作方法だからこそ、子供たちの目が訴えるものを感じる。

本編66分とゆう映画としては短い時間のためにどれだけの手間と時間をかけてこの映画が作られたのか。そこに込められたメッセージ。
ハートをわし摑みされた後、涙腺を一気に崩壊させられました。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000