映画『15時17分、パリ行き』

TOHOシネマズ新宿にて映画『15時17分、パリ行き』観てきました。
【作品詳細】
「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。
(原題/『The 15:17 to Paris』 本編/94分 2018年/アメリカ 配給/ワーナー・ブラザース映画)


『15時17分、パリ行き』『ブラックパンサー』『シェイプ・オブ・ウォーター』が同じ日に公開初日を迎えるとゆう、「もうどれから観たら良いんだ」状態の3月1日。時間的にタイミングが合う『15時17分、パリ行き』から観ることに。みんな大好きクリント・イーストウッド監督作品。

もし自分が危機に瀕したときどう行動するだろうか。その危機は平穏な日常の中にある日“突然”やってくる。2015年8月21日起きたこのテロ事件は誰の身にも起こりうること。
「あの日、あの時、あの場所でテロに遭わなければ…」そうは言っても起こりうるのだ。

この映画では高速鉄道でのテロシーンはそこまで多くない。本編94分とゆう短さの中で大半を描いてるのは、この事件でテロ犯を取り押さえたスペンサー、アレク、アンソニーの半生。
ごく普通に、日常を生きてきた彼らの身に起きたテロ事件。「テロ事件は突然に」。

危機に瀕したとき、誰もが行動すべき。

確かにそうだ。
確かにそうなのだが、彼らの勇気と行動が讃えられるのは“命”があるからだとも言える。もし勇敢に立ち向かったことで悲劇を生んでしまったら…。

それでもこの映画のメッセージ性が強く放たれてると感じるのは実際に起きた現場で、若者3人を含むその時の乗客が撮影に参加し撮られたものだからだろう。本作はもはやドキュメンタリー映画なんです。
凄いです。こんな作品は今まで無かったのではないか。
クリント・イーストウッド監督はまた凄い作品を作りました。いつか監督自身の人生が映画になってほしい。
『15時17分、パリ行き』は劇場で観ないと後悔するやつですよ。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000