映画『シェイプ・オブ・ウォーター』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『シェイプ・オブ・ウォーター』観てきました。
【作品詳細】
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年・第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したファンタジーラブストーリー。1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスがイライザ役で主演を務め、イライザを支える友人役に「ドリーム」のオクタビア・スペンサーと「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス、イライザと“彼”を追い詰める軍人ストリックランド役に「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン。
(原題/『The Shape of Water』 本編/124分 2017年/アメリカ 配給/20世紀フォックス映画 ※R15指定作品)


先日の『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』で話していた本作主演のサリー・ホーキンスとオクタヴィア・スペンサーのギャラの話が衝撃すぎて忘れられないのだけどそれはさておき、物凄い世界観の映画だ。
物凄い世界観と言うか、難しい。言葉にできない。

自分とは違う存在を理解できるのか。

そしてその存在を愛せるのか。

そもそも違う存在の“違う”ってなんだ??


映画を観てる最中ずっとこんなことを思い迎えたラストシーン。
“違い”って気づかなければ気づかない。自分が“違い”を見ようとするから見えるものなんだと。

いやぁ難しい映画だ。小田和正が聴きたくなる。
ラララ…言葉にできない

それにしても、こんなに差別や人間の身勝手さを新しい切り口で描いた名作なのに、なんで冒頭に書いたようなギャラの話が起きるのだろう。製作陣だってそうゆう問題意識を持っていたんじゃないのかと思ってしまう。
その辺りがどうも気になるところではある。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000