映画『坂道のアポロン』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『坂道のアポロン』観てきました。
【作品詳細】
ジャズに魅了された高校生たちの青春を描き、2012年にはノイタミナでテレビアニメ化もされた小玉ユキの同名人気漫画を、知念侑李、中川大志、小松菜奈の共演で実写映画化。監督は、「青空エール」「ホットロード」など数々の漫画原作映画を手がける三木孝浩。医師として忙しい毎日を送る西見薫のデスクに飾られた1枚の写真。そこには笑顔の3人の高校生が写っていた。10年前の夏、薫は転校先の高校で誰もが恐れる不良である川渕千太郎と運命的な出会いを果たす。ジャズのドラムを叩く千太郎と、幼いころからピアノを弾いていた薫は音楽でつながり、千太郎の幼なじみの迎律子を交えた3人で過ごす日々の中、薫は律子に恋心を抱くようになっていた。しかし、律子が恋焦がれるのは千太郎であることを薫は知ってしまう。三角関係に思い悩みながらも、千太郎とのセッションを楽しむ薫だったが、そんなある日、千太郎が薫と律子の前から突然姿を消してしまう。知念が薫役、中川が千太郎役、小松が律子役と主人公3人を演じるほか、ディーン・フジオカ、真野恵里菜らが脇を固める。
(本編/120分 2018年/日本 配給/東宝、アスミック・エース)


原作は未読です。監督は私が渋谷の若者たちに囲まれながら鑑賞しヒクほど大号泣した『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督。
そう、この映画は、

三木孝浩✖️小松菜奈

なんです。
そして、この映画はJAZZに魅了された高校生たちの青春物語。

青春映画✖️音楽

でもあるのです。
“小松菜奈”さんの大ファンである私。
“青春映画”が好きな私。
そして“音楽”を扱う映画が好きな私。
もう、

小松菜奈✖️青春映画✖️音楽

そして漫画原作の実写化に定評のある三木孝浩監督作品。
完全な布陣。

予告編を観た時に「こんなストーリーなのかな?」と予想した展開とは全然違った。良い意味で裏切られて良かった。
物語も良い話だし、演出も良かった。
ただ、なんか物足りない。でもそれが何なのかわからない。
脚本も良いと思うのですよ。なんだかよくわからないけど、何かが物足りないんですよ。
もしかしたら物足りないのではなくてあまりにも“自然”だったのかもしれない。

フワッとしたことしか書いてないけど、本当にフワッとした感想しか出てこない。全然悪くないし、むしろかなり良い映画なんだけど…なんなんだろう。
とりあえず、小松菜奈さんに見惚れ続けた120分ではあった。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000