映画『去年の冬、きみと別れ』

新宿ピカデリーにて映画『去年の冬、きみと別れ』観てきました。
【作品詳細】
芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を、「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーで、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」などで俳優としても人気の岩田剛典主演で実写映画化。婚約者との結婚を間近に控えた新進気鋭のルポライター耶雲恭介は、盲目の美女が巻き込まれた不可解な焼死事件と、容疑者の天才写真家・木原坂雄大について調べはじめる。しかし真相を追ううちに、いつしか抜け出すことのできない深みに飲み込まれていく。耶雲の婚約者・百合子役に「ピーチガール」の山本美月、事件の容疑者・木原坂役に「昼顔」の斎藤工。「犯人に告ぐ」の瀧本智行が監督を務め、「無限の住人」の大石哲也が脚本を担当。
(本編/118分 2018年/日本 配給/ワーナー・ブラザース映画)


とりあえずワーナーさんに問いたいのは、なぜチラシや予告編に「すべての人がこの罠にハマる。」なんてコピーを付けたのかと。これ絶対にいらなかった。

(※ちょっとネタバレ入るかもです。)

「すべての人がこの罠にハマる」のなら、きっと“大どんでん返し”があるのだろうなぁと思いながら観てしまった。
こう思いながら観てるとある事に気づいてしまうのです。それは、岩田剛典さんの芝居の嘘臭さ。内容的にわざとなのかもしれないけど、不自然すぎるほどの嘘臭さを醸し出してる。
こんなん“大どんでん返し”の先を初めからわからせてるようなもの。なんでこんな演出にしたのか謎だ。
最後の山本美月さんも髪を巻いてサングラスなんてかけちゃって、「いやいやいや、してやったり感丸出しですやん!」だし。

これ、物凄く物語的には面白いと思うのだけど、その面白い物語を映画として作り込み過ぎた故に迷走してしまったのかと感じてしまった。
なんか勿体無かったなぁ。

「すべての人がこの罠にハマる。」

このコピーがなければきっと全然違う感想を抱いていたと思う。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000