映画『彼の見つめる先に』

新宿シネマカリテにて映画『彼の見つめる先に』観てきました。
【作品詳細】
ブラジル・サンパウロを舞台に、思春期の若者たちの揺れ動く感情をみずみずしく切り取った青春ドラマ。世界各地の映画祭で話題を呼んだ2010年の短編映画「今日はひとりで帰りたくない」を、監督のダニエル・ヒベイロ自身が同じキャストを起用して長編映画化した。目の見えない高校生のレオは、少し過保護な両親や優しい祖母、いつもそばにいてくれる幼なじみの女の子ジョバンナらに囲まれて平穏な生活を送っていた。ある日、彼のクラスにガブリエルという少年が転校してくる。レオとジョバンナは、レオの目が見えないことをからかったりしないガブリエルと自然に仲良くなっていく。ガブリエルと一緒に映画館に行ったり自転車に乗ったりと新しい世界を知るレオだったが、やがてそれぞれの気持ちに変化が生じはじめ……。2014年・第64回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞とテディ賞を受賞。日本では「ブラジル映画祭2015」で上映、18年に劇場公開。
(原題/『Hoje Eu Quero Voltar Sozinho』 本編/96分 2014年/ブラジル 配給/デジタルSKIPステーション、アーク・フィルムズ ※PG12指定作品)


 昨日この備忘録で書いた『ナチュラルウーマン』鑑賞後、そのまま連続で本作を観ました。
ブラジル映画で特別強い印象を持つ映画は今まで無かったけど、本作は自分の中のブラジル映画の意識が変わった作品となった。

とにかく純粋で美しい青春恋愛映画。
盲目のレオといつも一緒にいる幼馴染のジョヴァンナ。二人の仲に魅力的な転校生ガブリエルが入ることでずっと続くと思っていた“友情”が変わっていく。
すれ違い、傷つくことで本当の“友情”、それと本当の“愛情”に気づく。

あまりにも純粋で、あまりにも初々しい。3人の少年少女が一つ大人になるために選んだ決断、そして3人の関係の行き着く先に私はもう完全に涙でした。
特にジョヴァンナの優しさと強さには胸を締め付けられる思いがあった。

2014年に制作された本作は2016年に制作された『ムーンライト』と通じるものがあるけど、私は本作『彼の見つめる先に』の方が好きだな。
ブラジル映画も今後は要チェックだ。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000