映画『生きる街』

渋谷ユーロスペースにて映画『生きる街』観てきました。
【作品詳細】
東日本大震災で被災した町に暮らす4人の家族と、周囲の人びとが未来を信じて生きる姿を、夏木マリが約10年ぶりの映画主演を務めて描いたドラマ。佐藤千恵子は生まれ育った海沿いの町で漁師の夫と2人の子どもと幸せに過ごしていた。しかし、そんな生活も2011年3月11日に一変する。あの日から夫は帰ってこない。千恵子は避難所生活ののち、別荘を借り受けた民泊の営業に乗り出す。しかし、被災のトラウマから子どもを持つことを恐れる娘、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子と、家族の心はすれ違い始めていた。そんな千恵子たちの前に、かつて同じ町に暮らしていたドヒョンが韓国からやって来る。ドヒョンの口から、これまで千恵子たちが知ることのなかった夫の姿が語られる。夏木が主人公の千恵子役を、ドヒョン役を韓国のロックバンド「CNBLUE」のイ・ジョンヒョンが演じる。監督は「捨てがたき人々」「木屋町DARUMA」「アーリーキャット」などでメガホンを取り、俳優としても活躍する榊英雄。
(本編/124分 2018年/日本 配給/アークエンタテインメント、太秦)


泣いた。泣けたなぁ。そして苦しくなった。
色んなことを思い出した。

2011年3月11日14時46分、“あの日”どこにいたかでそれぞれの東日本大震災に対する思いがある。
東京で生活し、家族は地元豊橋にいる私は幸いにも大きな被害にはあっていない。どれだけ被災地に足をはこんでも、多くの被災された方の話を聞いたとしても、本当の意味での“当事者”になることはできない。
だからこそ、誰かの人生を“追体験”できる映画を通して被災された方々のことを考えることの大切さを感じる。

映画を観ていて「ハッ」とさせられたシーンがあった。宿泊客に「津波で写真も何もかも全部流された」とゆうシーンがあるのですが、そうなんですよね。例えご遺体が発見されたとしても、全てを流されていたら写真でも顔を見ることができない。
だからこそ一枚の写真がとても特別なものになる。佳苗(佐津川愛美)が写真を見ながら「お父さんだ…」と言うのは、当たり前のことなのに当たり前じゃないとゆうことなのだと突きつけられる。

「言い訳にしたくなるぐらいの出来事」

とゆう台詞が劇中に出てきます。本当にその通りだと思う。でも、それでも言い訳にすることなく生きていかなければいけない。
そんな簡単に前を向けるわけじゃない。それでも前を向かないといけない。
本当に多くのことを考えるキッカケになる作品でした。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000