ドラマ『弟の夫』

NHKBSプレミアムドラマ『弟の夫』も終わりました。
【作品詳細】
2018年3月のプレミアムドラマは、LGBTという現代的かつ繊細な題材でありながら、心がほっこり温まる、今までにないホームドラマをお贈りします。原作は、田亀源五郎さんの漫画『弟の夫』。男女を問わず幅広い読者層から支持され、2015年文化庁メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞を受賞した作品です。
主人公を演じるのは、佐藤隆太さん。弟の結婚相手役に、元・大関でタレントの把瑠都さん。主人公の元妻に、中村ゆりさん。父と幼い娘、そして弟のパートナーだった男性との風変わりな共同生活を通して、「人と人はどこまで分かり合えるのだろうか」「“家族”とは」といったメッセージをさりげなく、でもじんわりと深く、描きます。
(2018年3月4日 毎週日曜/22時 全3回 NHKBSプレミアム)

私が最近激推ししている中村ゆりさんが出演されると知って見始めました。

本当に可愛い。美人。完璧すぎる。
そんな「中村ゆりさんがただ観たい」とゆう不純な動機で見始めたのに、第一回を観終えた段階で完全にこのドラマにハマってしまいました。

このドラマの大きなテーマはLGBTですが、もっと言えば“家族”の在り方がテーマにもなっていたように思う。
私の周りにはLGBTの友達が多いので“たぶん”偏見はないと思う。でも、あくまでも“たぶん”なんですよね。
自分が気づかない内に偏見を持っていたり、行動を起こしているのかもしれない。その事で弥一(佐藤隆太)も悩む。

自分の中に無いと思っていた偏見があることに気づいた弥一も、弟の夫のマイク(把瑠都)や、マイクに対する思いが純粋なひとり娘の夏菜(根元真陽)と生活する中で偏見は完全に消えて行く。

自分がゲイであることを悩んでいる中学生や、大人になっても自分の今の生活を守るためにカミングアウトはしないとゆう弥一と涼二の親友カトヤンなど、このドラマでも描かれているけど現実には全てのLGBTの人が弥一とマイクのような“家族”になれているわけではない。
そうゆう現実があるからこそ、このようなテーマのドラマがもっと必要だし、それをNHKが制作するのは国営放送としての大きな意義のある仕事だとこのドラマを観て思った。

映画でも昨年『ムーンライト』がアカデミー賞を獲ったり、日本でも生田斗真さん主演で『彼女が本気で編むときは、』などが公開されたりと、LGBT問題への意識はだいぶ高まってきてはいる。
でも、本来は“問題”になること自体がおかしい話なわけだから、もっとこのような作品が観られるべきだと思いつつ、このような作品を作らないといけない現状を憂う気持ちもある。

ドラマ『弟の夫』はLGBTを通して家族の絆を描いたドラマ。本当に温かい物語で、台詞の一つ一つに重みがあった。
まだオンデマンドでは観れたりするのかな??もし観れるなら是非観て欲しい。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000