映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』

テアトル新宿にて映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』観てきました。
【作品詳細】
実母がダイナマイト心中を図ったという強烈な体験を持つ雑誌編集者・末井昭の自伝的エッセイを柄本佑主演、「パビリオン山椒魚」「南瓜とマヨネーズ」の冨永昌敬監督によるメガホンで映画化。母・富子が隣家の息子とダイナマイトで心中した末井青年。18歳で田舎を飛び出し、昼は工場勤務、夜はデザイン学校という生活から、看板会社への就職、そしてエロ雑誌の世界へと足を踏み入れる。表紙デザイン、レイアウト、取材、撮影、漫画と、あらゆる業務をこなしながら、編集長として「立て!男のエキサイト・マガジン」をキャッチフレーズに雑誌「NEW SELF」を創刊。カメラマンの荒木ら精鋭たちがメンバーとして集い、雑誌は軌道に乗るが、わいせつ文書販売容疑で発禁となってしまう。柄本が主人公の末井役を、尾野真千子が母・富子役を演じるほか、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳らが出演。
(本編/138分 2018年/日本 配給/東京テアトル ※R15指定作品)


エロと昭和が詰まった映画だ。
何が凄いって全編通して漂う“昭和感”。本当に平成の映画化??と思えるぐらい“昭和感”がスクリーンに溢れてる。
ロケーション、美術、衣装、メイク、撮影手法など、全てにおいてシッカリと昭和と言う時代を作り込まれてる。
例えば末井よりも強い立場の人は全員がメガネが曇っていたりとか、それだけでなんか昭和っぽいなぁと思ったり。
エンドロールでキャストより先に主要スタッフの名前が先に大きく出てきたように、本作はこの作り込まれた演出が最大のポイントだと思います。

もちろんキャストの皆さんも素晴らしかった。柄本佑さんは言わずもがなですが、特に女優陣の体当たりの演技が素晴らしい。覚悟のいるシーンが多かったと思うけど、もう本当に拍手だ。
あと、前田のあっちゃんが本当に上手い。あっちゃんは主演よりも脇にいた方が本領を発揮する気がする。このままいけば名バイプレイヤーになるのではないか。

この映画は“昭和”とゆう激動の時代を“エロ”と、先の見えない“不安”で描いた作品。面白かったです。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000