映画『BPM ビート・パー・ミニット』

ヒューマントラストシネマ有楽町にて映画『BPM ビート・パー・ミニット』観てきました。
【作品詳細】
「パリ20区、僕たちのクラス」などの脚本家ロバン・カンピヨが監督・脚本を手がけ、エイズ活動家団体ACT UPのメンバーだった自身の経験をもとに若者たちの恋と葛藤、人生の輝きを生き生きと描き、2017年・第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した青春ドラマ。1990年代初頭のパリ。エイズの治療はまだ発展途上で誤った知識や偏見が横行する中、ACT UP Parisのメンバーたちはエイズ患者やHIV感染者への差別に対してさまざまな抗議活動を行っていた。行動派のメンバーであるショーンは、HIV陰性でありながら活動に参加しはじめたナタンと恋に落ちる。しかしショーンのエイズの症状は次第に顕在化していき、ACT UP執行部に対して批判的な態度を取るように。そんな彼を献身的に介護するナタンだったが……。出演は「グランド・セントラル」のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート、「ブルーム・オブ・イエスタディ」のアデル・エネル。
(原題/『120 battements par minute』 本編/143分 2017年/フランス 配給/ファントム・フィルム ※R15指定作品)


この映画がR15に指定されているのが本作のテーマと相反するようでなんとも言えない気持ちになる。
HIV感染者、AIDS患者に対する差別や偏見と戦う抗議活動団体“ACT UP”は世界中に支部を持つ実在する団体です。
本作では1990年代のフランスで活動した“ACT UP Paris”のメンバーの戦いを描いている。

無知は敵 知識は武器


アクトアップが掲げるスローガンだ。
今でこそ差別や偏見は少なくなってきているとは思うけど決して無くなったとは言えない。ましてやそれが90年代なら尚更だ。
HIVやAIDSに対して正しい知識を持たないまま差別や偏見を持つ。そんな人たちに対して唱える「無知は敵 知識は武器」とゆう言葉。
アクトアップは時に過激な行動に出たりもするが、武器はあくまでも知識であり、非暴力的な抗議活動を徹底する。

HIVやAIDSに対する差別や偏見と戦うだけではなく、彼らはゲイセクシャル(レズビアン)に対する偏見とも戦っている。
全ては病気やマイノリティの存在を認め、より良い社会を目指すために。

タイトルの『ビート・パー・ミニット(battements par minute)』とは医療では毎分の脈拍数、音楽では拍数のことである。
音楽を象徴的に使うことで彼らの命のテンポ(脈拍数)を感じさせられる。BPM120は不整脈なのだ。

この映画が今後どう評価されるかはわからない。HIVやAIDSと性的マイノリティの問題を一緒に描いた為に話がブレてるとゆう意見があるのもわかる。
でも、私個人としてはこの問題を一緒に描いたことによってより伝わるものがあったんじゃないかと思っています。
音楽がどう使われているのかを感じるためにも絶対劇場で観た方が良い作品です。


HIVやAIDSに関してはこのサイトがわかりやすかったです。

HIV・エイズって何?

http://www.hivkensa.com/mb/whatis/

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000