映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

ヒューマントラストシネマ有楽町にて映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』観てきました。
【作品詳細】
ベルギー出身の世界的ファッションデザイナー、ドリス・バン・ノッテンを追ったドキュメンタリー。世界のセレブリティやファッションアイコンから愛されているドリス・バン・ノッテン。パリのグラン・パレで開催された2015春夏レディースコレクションから、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズコレクションの本番直後までの1年間、これまで一切の密着取材を断ってきたドリスに初めてカメラが密着。半年間の準備を経て開催されるショーの舞台裏、アトリエや刺繍工房などの創作の現場、さらに創作活動を支えるアントワープ郊外の邸宅にもカメラが入り、完璧主義者で知られるドリスの意外な素顔ものぞかせる。監督は「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」のライナー・ホルツェマー。ドリスの2014春夏レディースコレクションで音楽を担当したイギリスのロックバンド「レディオヘッド」のベーシスト、コリン・グリーンウッドが本作で映画音楽に初挑戦している。
(原題/『Dries』 本編/93分 2016年/ドイツ、ベルギー 配給/アルバトロス・フィルム)


正直、ファッション業界に疎い。「ドリス・ヴァン・ノッテン」とゆう名前も聞いたことがなかったし、ハイブランド系は全くと言って良いほど何も知らない。
なのでこの映画を観るつもりはなかったのですが、あまりにも色々なところで良い評判を聞くので観ることにしました。

観て正解でしたね。ドリス・ヴァン・ノッテンの仕事に対する考え方はファッションに限らず全ての仕事に対して勉強になる。そして刺激にもなる。
多くの人がこの映画をオススメしてる意味がわかりました。

鑑賞後、とりあえず「ドリス・ヴァン・ノッテン」の洋服を検索したのです。カッコイイんですよね。高いけど…。
でも、買っちゃうかもなぁ…。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000