映画『見栄を張る』

渋谷ユーロスペースにて映画『見栄を張る』観てきました。
【作品詳細】
葬儀で参列者の涙を誘う「泣き屋」の仕事に就いた女性の奮闘を描いた人間ドラマ。28歳の売れない女優・絵梨子のもとに、疎遠にしていた姉の訃報が届く。葬儀に出席するため和歌山に帰郷した絵梨子は、姉が女手ひとつで育てていた息子・和馬を引き取ることを決意。そして和馬との生活のため、姉がやっていた「泣き屋」の仕事を、絵梨子も始めるのだが……。CMやテレビドラマを中心に活躍する女優・久保陽香が主演を務める。監督は本作が長編デビューとなる藤村明世。大阪を映像文化の創造・発展拠点にすることを目指して映画制作者の人材発掘・育成を行なう団体「シネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)」の第12回助成3作品の1作。
(本編/93分 2016年/日本 配給/太秦)


監督の藤村明世さんは1990年生まれのまだ20代と若い。この若さでよく「泣き屋」をテーマに選んだなと驚く。しかも監督自身初の長編作品である。

絵梨子(久保陽香)は女優とゆう夢を求めて上京したがなかなか上手くいかず、年齢的にも限界を感じ始めている。しかし、一度地元を飛び出した手前、そう簡単に諦めることもできず、かと言って現状を受け入れることも出来ない。
人と会う度にどうしても見栄を張ってしまう。
そんな時に訪れた姉の訃報。親戚からの厳しい言葉、残された甥っ子との生活、そして姉の仕事であった「泣き屋」とゆう仕事を通して自分の中で何かが変わっていく。

絵梨子を見てると、夢を求めて上京した者にとっては少なからず感情移入することがあると思う。
なかなか思ったようにいかない、そんな現状を受け入れられない、見栄を張る…たぶん誰もがこんな経験がある。
そんな自分を変えるキッカケが絵梨子にとっては「泣き屋」であった。
女優のように泣いてる芝居をするのではない。ただ感情的に泣けばいいわけでもない。そっと涙を流し、死者の道を作る。
絵梨子も最後に静かな涙を流すことによって自分自身の新しい道が拓ける。

本作はとても素晴らしい作品だと思いますが、「泣き屋とゆうビジネスは田舎で成り立つのか?」とゆう疑問がありました。本作を見る限り絵梨子が帰った故郷は和歌山の田舎の方。「泣き屋」の存在はすぐに広まり、所謂“顔バレ”すると思うのだけど、実際に成り立つものなのかな??
この疑問が一点と、もう一つ、タイトルのフォントデザインが映画の内容、テーマに合ってない気がしました。ピンクぽくてどちらかと言えばポップな感じ。あれはもう少し抑えめにした方が良かったような気が個人的にはしています。

とは言え、気になることはあったけど素晴らしい作品であることは間違いない。本当に藤村監督は若いのによくこれだけ感情表現が難しい作品を撮ったものだなと思います。
感情の切り取り方が上手いんですよ。それには監督の演出に合わせる主演の久保陽香さんの芝居も素晴らしい。
藤村監督のような若い監督が本作のような作品を撮ると次回作が楽しみになる。今後、間違いなく世に出てく監督になるだろうな。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000