映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』

TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』観てきました。
【作品詳細】
名優ゲイリー・オールドマンがイギリスの政治家ウィンストン・チャーチルを演じ、第90回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した歴史ドラマ。チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を、「つぐない」のジョー・ライト監督のメガホンで描いた。第2次世界大戦初期、ナチスドイツによってフランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍が北フランスの港町ダンケルクの浜辺で窮地に陥る中、就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手にヨーロッパ中の運命が委ねられることに。ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られるチャーチルだったが……。チャーチルを支える妻クレメンティーンに「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・トーマス、秘書エリザベス役に「ベイビー・ドライバー」のリリー・ジェームズ、英国王ジョージ6世役に「名もなき塀の中の王」のベン・メンデルソーン。脚本は「博士と彼女のセオリー」のアンソニー・マッカーテン。アカデミー賞では主演男優賞のほか、オールドマンの特殊メイクを担当した日本人メイクアップアーティストの辻一弘らがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。
(原題/『Darkest Hour』 本編/125分 2017年/アメリカ 配給/ビターズ・エンド、パルコ)


この映画の感想は、

「名優による名演」


この一言に尽きる。
ゲイリー・オールドマン凄い。凄すぎる。アカデミー賞を獲った辻一弘さんのメイクももちろん凄いのだけど、チャーチルを演じきったゲイリー・オールドマンの芝居は本当に凄かった。
もうね、これに尽きる。

ウィンストン・チャーチルはWW2について当時も、そして今でもここまで語られる政治家はいないと言っても過言ではないぐらい有名な政治家だ。
政治家として嫌われながらも、イギリス国民としての信念を貫き、ナチス、
ヒトラーによる侵略からイギリスを、そして世界を守ったチャーチル。

日本人として観るとイギリス国民の観る見方とは少し印象が違うかもしれないけど、それでもこの映画から学べることは多い。
本年度アカデミー賞主演男優賞に相応しい名演。最後のシーンでは思わず涙が溢れ、自然と拍手をしていた自分がいた。
これは絶対に劇場で観るべき作品。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000