朝ドラ『半分、青い。』 第1週『生まれたい!』

今期の朝ドラ『半分、青い。』が始まりました。
【作品詳細】
連続テレビ小説第98作「半分、青い。」は、脚本家・北川悦吏子さんのオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていきます。
大阪万博の翌年、1971(昭和46)年。岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂に、鈴愛(すずめ)という女の子が生まれた。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった…。

脚本は恋愛ドラマ脚本の女王、北川悦吏子さん、主題歌を星野源さん、そして永野芽郁さんがヒロインを務める。
第1週の『生まれたい!』観ました。
【あらすじ】
1971年の岐阜県のとある田舎町。家族で食堂を営む楡野晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)夫婦のもとに、難産の末、女の子が生まれる。同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も、初孫誕生に大喜び。一方、町内で写真館を営む萩尾和子(原田知世)と弥一(谷原章介)夫妻にも、同じ日に同じ病院で、男の子が生まれていた。女の子の名前は鈴愛(すずめ)、男の子の名前は律(りつ)。ふたりは生まれた時からお互いのそばにいる、特別な存在として育っていく。やがて迎えた1980年。鈴愛(矢崎由紗)は天真爛漫な少女に、そして律(高村佳偉人)は、クールだが心優しい少年になっていた。ある日二人は、鈴愛の突拍子もない発想から、ある壮大な計画に乗り出す。


胎児から始まった。斬新だ。
恋愛ドラマ脚本の女王、北川悦吏子さん…攻めましたね。
でも、5分のまとめを見てもわかるように、メチャクチャ温かいドラマなんです。なんか名作になる気が早くもしてます。
おもわず家族が欲しくなりました。子供が欲しくなりました。結婚したくなりました。
星野源さんの主題歌とオープニング映像も素敵です。
また新しい半年が始まりました。

この備忘録、映画だけだと追いつかないので朝ドラなどのドラマもこれから足して行こうと…逃げです。はい。


『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000