メルマガ『水道橋博士のメルマ旬報151号ま組』

『水道橋博士のメルマ旬報151号ま組』読了。
今号も充実すぎるラインナップ。
1.編集長・水道橋博士による巻頭言
2.【博士の愛した靖幸】
3.RAM RIDER『人のミックスを笑うな』
4.マッスル坂井の『覆面専務』
5.坂口恭平の『新政府物語』
6.茂田浩司『忘れえぬ人~スポーツライター余録』
7.細田昌志『格闘技を創った男~プロモーター野口修評伝~』
8.コラアゲンはいごうまん『僕の細道』
9.『原田専門家とTシャツ連載』
10.やまもと茂『アサヒ芸能人アーカイブ』
11.碇本学の『碇のむきだし』
12.兎丸愛美『旬刊うさまるまなみ』
13.丸屋九兵衛は『ビブリの塔に住んでいる』
14.立川吉笑『現在落語論~落語立川流2018~』
15.スージー鈴木『スージー鈴木のイントロ春秋』
16.柴尾英令の『シネコン“最速批評”至上主義 ~現在上映中~』
17.荒井カオル『LIVE or DIE』
18.ユウキロック『漫才廃業 でも、書くんだよ!』
19.マキタスポーツの『マキタスポークス~どこぞの誰かへ』
20.『プチ鹿島の思わず配信してしまいました!!』
21.サンキュータツオの随筆
22.木爾チレン『木爾チレン 連作短編集 乙女で痛いよ』
23.押切伸一『閃く人のカタチ~いとうせいこう』
24.コトブキツカサ『マン・オン・ザ・ムーン~僕と村田渚の物語~』
25.『博士の異常な日常』その1
26.『博士の異常な日常』その2
27.『編集後記』(原カントくん)

『水道橋博士のメルマ旬報』購読はこちらから


毎号ホントに読み応えのあるメルマガ。
この中で毎号特に楽しにしているのが柴尾英令さんの連載『シネコン“最速批評”至上主義 〜現在上映中〜』。
メルマ旬報が届くとまず柴尾さんの連載をチェックし、柴尾さんが書いてる作品の中でまだ未見の映画があるかを探す。あればすぐにそれを観に行き、観た後で連載を読むようにしていました。
柴尾さんの書く映画評は映画への愛や期待に満ち溢れていて、時に厳しい意見もありながらもとても読み応えがある映画評でした。

心からご冥福をお祈りいたします。



『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000