朝ドラ『半分、青い。』第2週『聞きたい!』

早くも『半分、青い。』第2週が終わりました。
【あらすじ】
1980年。同じ日に生まれた幼なじみの鈴愛(矢崎由紗)と律(高村佳偉人)は、小学3年生になっていた。鈴愛は、いじめっ子のブッチャー(大竹悠義)とけんかをしたりと、いつも元気いっぱいだったが、あるときから片耳に異変を感じるようになる。本人は自分の左耳に小人がいて、たまに歌って踊ったりしていると友人たちに楽しげに語るが、晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)は、町医者の貴美香(余貴美子)の勧めで、鈴愛を名古屋の大学病院に連れていく。数日後、検査結果を聞きに行った両親は、鈴愛の耳に深刻な事態が起きていることを医師から告げられる。その日の夕食後。晴と宇太郎が、鈴愛に真実を告知する瞬間がやってきた…。


泣けた。泣けたよ。特に木曜日の第10話からの鈴愛に完全にやられた。
この子役の子、本当に芝居が良い。上手いと言うか“良い”。なんとなく永野芽郁さんに繋がる感じも良い!!

あと、松雪泰子さんと原田知世さんのお母さん2人がまた素晴らしい。
まだ2週目だけど今期朝ドラもまた名作だよ。
第3週『恋したい!』も楽しみ。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000