映画『女は二度決断する』

新宿武蔵野館にて映画『女は二度決断する』観てきました。
出典:公式サイト
【作品詳細】
「愛より強く」「そして、私たちは愛に帰る」「ソウル・キッチン」でカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界3大映画祭それぞれで受賞歴を誇るドイツの名匠ファティ・アキン監督が、ダイアン・クルーガーを主演に迎え、突然の悲劇で家族を奪われた主人公の女性が絶望の中で下す決断を描いたドラマ。ハリウッドはもちろん、フランスなどヨーロッパ映画でも活躍し、英語、フランス語、ドイツ語を操るクルーガーが、ドイツ語を使った演技に初挑戦し、2017年・第70回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。ドイツ、ハンブルグ。トルコ移民のヌーリと結婚したカティヤは幸せな家庭を築いていたが、ある日、白昼に起こった爆発事件に巻き込まれ、ヌーリと息子のロッコが犠牲になってしまう。警察は当初、トルコ人同士の抗争を疑っていたが、やがて人種差別主義者のドイツ人によるテロであることが判明。愛する家族を奪われたカティヤは、憎しみと絶望を抱えてさまようが……。
(原題/『Aus dem Nichts』 本編/106分 2017年/ドイツ 配給/ビターズ・エンド ※PG12指定作品)
引用:映画.com
予告編(reference:YouTube)


鑑賞後、胸の鼓動が止まらなかった。ドキドキとかハラハラではなく、なんて言いますか、「バクバク」とゆう感じ。
この映画を観た人ならこの意味がわかると思う。

ある日突然最愛の人を失ったら。
もしそれが理不尽な理由からの殺害だったら。
そして、目の前にいるのに裁かれないとわかったら。

自分だったらどう決断するだろうか。戦い続けること、諦めること、生きること、復讐すること、そして死ぬこと。
カティヤが“二度”決断したこととはなんなのか考える。

全体通してハンディで撮られてたと思うのですが、それが臨場感があって作品の雰囲気を高めててよかった。
ダイアン・クルーガーの名演にも拍手。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000