劇団☆新感線『髑髏城の七人 “season極” 「修羅天魔」』

髑髏城への最後の登城を終えた。
観て来ました。
IHIステージアラウンド東京で上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人 “season極”「修羅天魔」』
出典:公式サイト


【公演詳細】
IHIステージアラウンド東京での約1年続いたロングラン公演、劇団☆新感線『髑髏城の七人』“Season花・鳥・風・月”。劇団史上初の試みとなるダブルチーム制での上演となる“Season月”の開幕を目前に控え、いよいよ最終を飾る“Season極”が始動。
物語も一新、主演に天海祐希を迎え、新感線の看板俳優・古田新太が迎え撃つ、『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”が出来上がった。
新たに紡ぐその物語の名は『修羅天魔(シュラテンマ)』。
完全新作となる本作は、天海演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の<極楽太夫>、古田演じる<天魔王>の二人の愛憎劇。これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれる。
天海、古田と共に、新生『髑髏城の七人』に挑むキャストには、いのうえ演出は『サイケデリック・ペイン』以来2度目、劇団☆新感線には初参加となる福士誠治、同じく初参加の竜星涼、新感線初の本格派時代劇『乱鶯』以来2度目の参加となる清水くるみ、2004年上演の「アオドクロ」に出演の三宅弘城、「アカドクロ」に出演の山本亨は共に14年ぶりに『髑髏城の七人』へ、そして2017年6〜9月に同劇場で上演した“Season鳥”では狸穴二郎衛門役で出演した梶原善の出演が決定。
IHIステージアラウンド東京で上演する『髑髏城の七人』シリーズ最後の作品となる本公演にご期待ください。
引用:公式サイト
reference:YouTube



IHIステージアラウンドで上演の『髑髏城の七人』は今までseason「花」「鳥」「風」「上弦の月」と観てきました。そして最後の“season極”である「修羅天魔」を観劇し、髑髏城への最後の登城を終えました。
劇団☆新感線の代表作の一つでもある『髑髏城の七人』を最新技術を駆使したステージアラウンドで上演することは“演劇”とゆうエンターテイメントがどこまで出来るのかとゆう挑戦でもあると思う。それは作る側、演じる側はもちろん観客側にとっても。
そういった意味でこの『髑髏城の七人』は全season通して間違いなく最高のエンターテイメントだったと思う。

次は宮藤官九郎さん作の『メタルマクベス』が同劇場で始まる。
やっと髑髏城への年貢が終わったと思ったら次はコーダー城への年貢が始まる。劇団☆新感線への上納金がハンパないな。笑

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000