映画『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』

TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』観てきました。
出典:公式サイト


【作品詳細】
アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。プロデューサーも兼ねてトーニャ役で主演したロビーは、スケートシーンにも挑戦。母親役のアリソン・ジャネイが第90回アカデミー賞の助演女優賞を受賞した。元夫のジェフ・ギルーリー役は「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。
引用:映画.com
予告編(reference:YouTube)


この映画、凄すぎ。トーニャ・ハーディングの人生もそうだけど映画としても凄すぎる。
トーニャ・ハーディングのことは子供の頃に観てた明石家さんまさんのスポーツ番組に出てた記憶があるから有名なフィギュアスケーターであることは知っていたけど、彼女の生い立ちや事件のことは何も知らなかった。
事件については関係者それぞれの立場や言い分があるからどこまで真実かわからないし、トーニャと母親の関係や夫との夫婦のこともどこまで真実かわからない。
ただ、入念なインタビューや取材を続けてここまで作り込んだ作品であるので“ある程度”は事実に基づいたものであるのだろうとは思う。

多少映画的脚色はあるにせよこれに近いことが起きていたと考えると、凄いですよ。“狂気の沙汰”なんてもんじゃない。観終わったあとドッと心臓が疲れてるのがわかったぐらい。
ここまでの栄光と挫折を味わった人が他にいるだろうか。それも栄光は一瞬。その一瞬掴んだ栄光ですら挫折へと向かうために用意されていたような。

本作は関係者へのインタビューシーンとドラマシーンにわかれて進んでいきます。観ながらずっと感心してたんですよ。似た役者さんをよくここまで集めたなぁと。
でもこれ似た役者でもなんでもなく、インタビューシーンは別に“インタビューぽく”撮ってたんですよ。だから似た役者さんではなく、ドラマシーンを演じた役者さんがそのままインタビューぽく撮ってるとゆう。
そもそも、知ってる役者さんばかりなのに、私、最後までぜんぜん気づかなかったんです。笑
後から考えれば「そりゃそうだよな」なんですけど、観てる時は本当に気づかなくてそれぐらい上手く作られてるんですよ。
そんなこともあって映画的に物凄く面白いなと思いました。

もう一つ思ったのが、映画『ダンガル きっと、つよくなる』と同じ女性アスリートの物語であり、親と子の物語でもあるのにここまで違う内容になるんだなぁと色々感慨深いものがあった。

賛否分かれる作品ではあると思うけど、観て損はない映画だと思います。
「トーニャ・ハーディング」とゆう一フィギュアスケーターの生き様を感じれる作品。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000