映画『名もなき野良犬の輪舞』

新宿武蔵野館にて映画『名もなき野良犬の輪舞』観てきました。
出典:公式サイト


【作品詳細】
韓国の演技派ソル・ギョングの主演で、家族や兄弟のように固く結ばれた2人の犯罪者の絆が、ある真実によって次第に悲しみと憎しみに変わっていくさまを描いたクライムドラマ。犯罪組織のトップに成り上がるという野望を抱くジェホは、刑務所で野心的な若者のヒョンスと出会う。周囲の人間を誰も信じずに生きてきたジェホだったが、ある時、ピンチを救われたことでヒョンスを信頼するようになる。出所後、チームを組み、犯罪組織を乗っ取ろうと企てるジェホとヒョンス。しかし、それぞれの動機が次第に明らかになっていき、そのことから信頼で結ばれた2人の関係が変化していく。ソル・ギョングがジェホ役を務め、「戦場のメロディ」「弁護人」などで俳優としても活躍するアイドルグループ「ZE:A」のイム・シワンが、ヒョンスを演じる。監督は「マイPSパートナー」のビョン・ソンヒョン。
引用:映画.com
予告編(reference:YouTube)



今日も韓国のクライムムービーを。本当に最近の韓国映画にハズレはない。どれも素晴らしい作品。
もちろん本作も素晴らしい作品ではあるのだけど、ちょっと“間延び感”があるなと思ってしまった。二転、三転する展開はプロットとしては面白いのだけど、ちょっと作り込み過ぎてる気がする。
最後のあの展開に持っていくならあそこまでの激しいアクションシーンじゃなくて、「一対一」個人の心理戦でも良かったんじゃないかなぁ…とか。

とは言え面白い作品であるのは間違いないのですけどね。前日に観た『犯罪都市』があまりにも良かったから比べてこう思ってるってのはある。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000