映画『君の名前で僕を呼んで』

新宿シネマカリテにて映画『君の名前で僕を呼んで』観てきました。
出典:公式サイト


【作品詳細】
1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。アンドレ・アシマンの同名小説を原作に「日の名残り」「眺めのいい部屋」の名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。第90回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、アイボリーが脚色賞を受賞した。「インターステラー」「レディ・バード」のティモシー・シャラメと「コードネーム U.N.C.L.E.」「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマーが主人公カップル役で共演。83年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて……。
引用:映画.com
予告編(reference:YouTube)



たった一人で良い。たった一人との特別な出逢いがあることで何気ない日常も、いつもと変わらない景色も、それが素敵なものに変わる。
例え自分では受け入れ難い悲しい結末だったとしても、そのとき感じていた輝いた日々は自分の中でずっと色褪せることなく思い出として残り、自分を大人へと成長させる糧になる。
17歳のエリオにとってひと夏のオリヴァーとの出逢いは“少年”として何かを失うかわりに、“大人”としてかけがえのないものを得たのではないか。

とても素敵な作品だと思います。
ただ、こればっかりは「国が違えば」かもしれませんが、17歳の少年を惑わす大人ってどうなん…とは思ってしまった。オリヴァーは大学院生とは言え24歳の大人ですからね。
奇しくもTOKIOの山口くん騒動の渦中だから余計にそれを感じてしまった。
あと、言い方悪いけどエリオに都合のいい扱いを受けるマルシアの立場よ。可哀想だよ。マルシア超可愛いじゃないか!!

国が違えば文化や感覚が違うからこの映画が受け入れられてるのも理解できる。
映画的な色と音も素敵なので劇場で観たい作品。




『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000