映画『蚤とり侍』

新宿ピカデリーにて映画『蚤とり侍』(『のみとり侍』)観てきました。
出典:公式サイト


【作品詳細】
「後妻業の女」などの鶴橋康夫監督が、「テルマエ・ロマエ」の阿部寛とタッグを組んだ時代劇コメディ。鶴橋監督自身が脚本も兼任し、小松重男の短編小説集「蚤とり侍」の人気エピソードをもとに再構築した。長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、運悪く藩主の機嫌を損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で女性に愛をお届けする裏稼業であった。長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛のもとで働きはじめた寛之進は、初めてののみとり相手であるおみねから下手くそと罵られたものの、伊達男・清兵衛の指南によって腕を磨いていく。そんな中、老中・田沼意次の失脚を受けてのみとり禁止令が敷かれ、寛之進らは突如として犯罪者扱いされてしまう。おみね役の寺島しのぶ、清兵衛役の豊川悦司ら、共演にも豪華実力派俳優がそろう。
引用:映画.com


予告編(reference:YouTube)



“侍”の映画だけど時代劇ではない。江戸の町の人々の物語であるけど人情ドラマでもない。R15指定作品だけど官能映画でもない。
この映画は完全にコメディ映画。笑った。笑いましたよ。「面白い濡れ場ランキング」なるものがあったら間違いなくトップレベル。
その面白い濡れ場を演じているのが阿部寛さんと寺島しのぶさんですからね。豪華共演なのに笑える濡れ場と云う贅沢さ。このシーンを観るだけでも価値のある作品。

「猫の蚤とり」が禁止され寛之進(阿部寛)達が囚われたのになぜ仕切ってた旦那夫婦は無事なの??
とか、清兵衛(豊川悦司)がそこに行けたのヤッパおかしいよ…
とか、クライマックスは無理に人情噺に持って行き過ぎ…
とかは思ったけど、最後まで楽しめる作品ではありました。

内容とは関係ないけど、新宿ピカデリーの音響が割れてたのが気になったな。あれは見直した方がいい。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000