映画『MIFUNE : THE LAST SAMURAI』

有楽町スバル座にて映画『MIFUNE : THE LAST SAMURAI』観てきました。
出典:公式サイト


【作品詳細】
世界の映画人に愛された名優・三船敏郎のドキュメンタリー。息子の三船史郎や、黒澤組のスクリプターとして撮影現場をともにした野上照代ら家族や親交の深かったスタッフ、役所広司、司葉子、八千草薫ら三船敏郎をよく知る俳優たち、そして三船に魅了されたスティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった海外の名匠たちなど、国内外の映画関係者への膨大なインタビューと貴重な映像により、サムライ映画を世界に知らしめた三船の波乱万丈の人生や、その精神に迫っていく。監督は、HBO製作のドキュメンタリー「ヒロシマナガサキ」などで知られる、日系3世のスティーブン・オカザキ。ナレーションは海外版をキアヌ・リーブス、日本版をEXILE AKIRAが担当。
引用:映画.com


予告編(reference:YouTube)



「三船敏郎のことを知っているか?」と聞かれたら、「名前ぐらいなら…」としか答えれられない。映画好きを謳っていながら作品もほとんど観たことがない。
このドキュメンタリー映画を観て三船敏郎さんが如何に【TOSHIRO MIFUNE】なのかがわかった。

三船敏郎さんが中国で産まれ、20歳になるまで日本の地を踏んだことがなかったことに驚いた。
本当は映画俳優ではなく映画製作の方がやりたかったとゆうことにも驚いた。
何もかも知らないことばかりなのにそれでも【三船敏郎】と云う名前は知っている。それだけ日本映画界にとって必要だった役者。

この映画は世代関係なく全ての映画ファンにオススメしたい。残念ながら上映は終わってしまってるかもしれないけど、円盤化されたりまたどこかで上映されることがあれば迷わず足を運んだ方がいいです。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000