映画『カメラを止めるな!』

新宿K'sシネマにて映画『カメラを止めるな!』鑑賞。
出典:公式サイト


【作品詳細】
映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざま挑戦に満ちた野心作。「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル映画」を撮った人々の姿を描く。監督はオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」などに参加してきた上田慎一郎。とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、そこへ本物のゾンビが襲来。ディレクターの日暮は大喜びで撮影を続けるが、撮影隊の面々は次々とゾンビ化していき……。2017年11月に「シネマプロジェクト」第7弾作品の「きみはなにも悪くないよ」とともに劇場で上映されて好評を博し、18年6月に単独で劇場公開。
(2017/日本 配給:ENBUゼミナール)
引用:映画.com


reference:YouTube



この記事公開時点で上映状況がどうなっているかわからないけど、もしまだ未見だったらなにも言わずに観にいってほしい。
絶対に観た方がいい映画です。
今、観るべき映画です。

映画って最高じゃん!!

と思わせてくれる作品です。
観ないと後悔するやつです。

ただ1つだけ注意点が。
ありとあらゆる情報(あらすじなども)を入れずに観に行ってください。
何も見ない、読まない、聞かない状態で観てください。
そうすれば鑑賞後の想いはただ1つ、

映画って最高じゃん!!

日本映画史に残る大傑作です。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000