『半分、青い。』 第15週『すがりたい!』

『半分、青い。』、第15週『すがりたい!』。

【あらすじ】
近所の学校の運動会シーズンを迎え、鈴愛(永野芽郁)の働く100円ショップ・大納言は大忙し。そんな中、鈴愛は臨時に雇われたバイトの涼次(間宮祥太朗)と働くことに心地よさを感じ始める。同じ頃、大納言のオーナー三姉妹、光江(キムラ緑子)、麦(麻生祐未)、めあり(須藤理彩)が、秋深くなると店長の田辺(嶋田久作)が店から逃げ出すと噂をしていたが、田辺は案の定、大納言から姿を消してしまう。そして運動会の当日、涼次のアルバイト最終日。閉店後の鈴愛と涼次は店の事務所で小さな打ち上げを行う。ギターを弾き語り、楽しい時間を過ごすふたり。やがて涼次は、雨の降りしきる店の外に飛び出し、鈴愛に思いもよらないことを伝える。

出典・引用:公式サイト





第85話の月曜日。
いきなり泣きました。
涼ちゃんが鈴愛の漫画のファンだったなんて。
そして涙ながらに「頑張って描いてて良かった」と言う鈴愛に月曜から号泣。

月曜から泣いたと思ったら86話はなんかホッコリ。
オーナー三姉妹と田辺さんがどう関わってくるのか謎。

87話。
おいおい。
なんだよこれは。
「傘の中の雨の音は半分ぐらいがちょうどいい」と言った律。
「雨の中に入れば右も左も関係ない」とゆう凉ちゃん。
あが、もう…鈴愛!飛び込め!!
号泣。

88話。
なにこれ。
泣くわ。
涼ちゃん「好きです」
鈴愛「ミートゥー」
なにこれ。
泣くわ。
鈴愛「初めての両思い」
なにこれ。
可愛すぎる。
拍手。

89話。
せっかく看病に行ったのに元住吉監督がいてふてくされる鈴愛可愛過ぎか。
そして楡野家怒涛の展開。
どうなる。

90話。
あれ??
涼ちゃん??
もしかしてダメンズ??
鈴愛…。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000