映画『BLEACH』

TOHOシネマズ渋谷にて映画『BLEACH』鑑賞。
出典:公式サイト


【作品詳細】
「週刊少年ジャンプ」で連載され、アニメ版も人気を博した久保帯人原作の大ヒットコミック「BLEACH」を、福士蒼汰主演で実写映画化。幽霊が見えてしまう高校生・黒崎一護は、ある日突然、人の魂を喰らう巨大な悪霊「虚(ホロウ)」に遭遇する。命を狙われる一護と家族の前に死神を名乗る謎の少女・朽木ルキアが現われ虚に立ち向かうが、重傷を負ってしまう。窮地に追い込まれたルキアは最後の手段として、本来は人間に与えてはならない死神の力の一部を一護に渡す。それ以来、一護は高校生活を送りながら死神代行として戦いの日々に身を投じていく。死神の少女ルキアを「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、一護のクラスメイトで「滅却師(クインシー)」の生き残りである石田雨竜を「ママレード・ボーイ」の吉沢亮が演じる。監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」の佐藤信介。
(2018/日本 配給:ワーナー・ブラザース映画)
引用:映画.com


reference:YouTube



原作漫画は未読。
天才女優・杉咲花ちゃん目当てに観に行きました。
やっぱり杉咲花ちゃん最高だ。
可愛い。
上手い。
素晴らしい。

正直、杉咲花ちゃんだけが目当てだったので作品自体にはあまり期待していなかった。
だって内容が内容ですからね。
全然期待はしてなかったんですけど、意外と楽しめたんですよね。
楽しめた一番の原因は技術の進歩なのかCGに違和感がなかったこと。
戦闘アクションシーンとかはもう拍手でしたよ。
去年公開だったアレとかアレに比べたらもう格段の違い。
エンドロールで監督が佐藤信介さんだと知って納得。

最後は謎が残る終わり方だったけど、これは続編があるかもしれないと考えれば問題ない。
年齢設定はちょっと気になったけど。
母(長澤まさみ)が死んだ時、一護(福士蒼汰)はいくつだったんだろう。
妹たちはまだ幼いっぽいけど、回想シーンの一護の年齢(詳しくはわからないから見た目で判断)から逆算すると妹たちって生まれてたのか?とゆう疑問は残ったな。
これは何か意味があるのかな。

多少の疑問は残ったものの普通に楽しめた。
ここまで日本の映像技術が発達したならMARVELみたいなことを日本でもやってみたらどうだろう。
MCUみたいな感じでJCUとか。
「JUMP Cinematic Universe」アツいじゃん。
そんなことを思ったな。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000