『カメラを止めるな!』大ヒット記念!! 上田慎一郎×ふくだみゆき 夫婦(めおと)監督傑作選

『カメラを止めるな!』大ヒット記念!!

上田慎一郎×ふくだみゆき 夫婦(めおと)監督傑作選


LOFT9 Shibuyaで鑑賞してきました。

【イベント概要】
【出演】上田慎一郎、ふくだみゆき/松崎まこと(MC)
今年6月、新宿及び池袋のミニシアターで公開されるや驚異的な大ヒットとなり、現在全国へと“感染”拡大中の『カメラを止めるな!』。
超低予算ながら、誰もが楽しめる超娯楽作にして、映画マニアをも唸らせる大傑作を撮り上げたのは、34歳の上田慎一郎監督です。
スーパー新人監督として一躍脚光を浴びた上田監督ですが、実は以前から、手掛けた短編作品が各地の映画祭で賞を獲りまくり、「短編のマエストロ」と異名を取る存在でした。
そして彼の公私にわたるパートナーが、ふくだみゆき監督。実写とアニメ両方を手掛け、こちらもまた高い評価を受けています。最近作『コンプレックス×こんぷれっくす』では、並みいる劇場公開アニメを押しのけて、伝統ある「毎日映画コンクール」の《アニメーション映画賞》まで勝ち取りました。
今回はこれからの日本映画界をリードしていく存在になるであろう、この2つの才能=夫婦(めおと)監督の選りすぐりの作品を集め、一挙に上映しようというイベントです。
東京初上映となる上田監督作品『たまえのスーパーはらわた』をいち早く観られ、2人のトークもばっちり聞けるこの機会を、是非ともお見逃しなく!!


▼上田慎一郎
1984年、滋賀県出身。中学生の頃から自主映画を制作し、高校卒業後も独学で映画を学ぶ。2010年、映画製作団体PANPOKOPINAを結成。現在までに8本の映画を監督し、国内外の映画祭で20のグランプリを含む46冠を獲得。2015年、オムニバス映画『4/猫』の1編「猫まんま」の監督で商業デビュー。「100年後に観てもおもしろい映画」をスローガンに娯楽性の高いエンターテイメント作品を創り続けている。『カメラを止めるな!』が劇場用長編デビュー作となる。


▼ふくだみゆき
1987年生まれ。群馬県出身。幼い頃から絵を描くことが好きで、大学時代にアニメ制作を開始。数本の短編アニメを監督する。金沢学院大学を卒業後、映画監督を目指して上京。アニメーションやイラストを中心に活動。約5年ぶりのアニメーション監督作となる『こんぷれっくす×コンプレックス』(2015)は、様々な映画祭やコンクールで大好評を博して7つのグランプリを含む14冠を受賞。他に短編実写監督作『耳かきランデブー』(2017)、『マシュマロ×ぺいん』(2013)などがある。




<上映予定作品>
★『テイク8』(20分/2015)
監督・脚本・編集:上田 慎一郎
記録:ふくだみゆき
出演:芹澤興人、山本真由美、牟田浩二、山口友和、細川佳央、福島龍一、北井敏浩、曽我真臣


★『彼女の告白ランキング』(21分/2014)
監督・脚本・撮影・編集:上田慎一郎
美術:ふくだみゆき
出演:中山雄介、榎並夕起、橋本昭博、鐘築健二、山口友和、細井学、石訳智之、坂川良


★『こんぷれっくす×コンプレックス』(24分/2015)
監督・脚本・アニメ:ふくだみゆき
プロデューサー・編集:上田慎一郎
声の出演:林奏絵、上妻成吾、春名風花、広江美奈、武田直人、山口遥、岡田昌宜


★『たまえのスーパーはらわた』(45分/2018) ※東京初上映!
監督:上田慎一郎
出演:白石優愛、工藤綾乃、西沢仁太、ほりかわひろき、斉藤慎二(ジャングルポケット)、太田博久(ジャングルポケット)、池田一真(しずる)、おたけ(ジャングルポケット)


★『帰ラないマン』(3分30秒/2017)
監督:岩崎友彦
出演:上田慎一郎、カメレオール、宮本 なつ、谷洋幸、ほりかわひろき 、松崎まこと、松岡峻、松井理子
出典、引用:公式サイト



このイベントに参加してわかったことは、ヤッパリ上田慎一郎監督は天才で、ふくだみゆき監督も天才で、その天才二人が結婚したわけだから、もうなんなんだろう…ホントに凄すぎ!!
息子さんも将来映画撮ったりするのかな。
このお二人の遺伝子を受け継いでいるわけだから、もし映画の道に進んだとしたらこんな楽しみなことはないよ。
映画以外の道に進んでもとても楽しみな存在になりそう。
そんなことをイベントに参加しながら思ってしまった。

今回のイベントは「『カメラを止めるな!』大ヒット記念」と銘打っていますが、実は公開前に企画されたイベントとのこと。
作り手や送り手側はこの映画の力をどこかで信じていたのだろうな。
公開から“1日も欠かさず”どこかの劇場で誰かが舞台挨拶を行なっていたり、キャストスタッフが毎日情報を拡散したりと、この映画のヒットは作品の出来が良かっただけでここまできたわけではなく、この作品に関わった全ての人が“映画の力”を信じたからここまでの大ヒットを記録することになった。

『カメラを止めるな!』に関わった方々が今後違う作品に関わったとき、その映画が同じようにヒットするとは限らない。
むしろ興行的にはぜんぜんダメな作品になってしまうこともあると思う。
でも、本人たちが心の底から「これは良い」と思える作品であれば、それが必ず多くの人に伝わるんだなと昨日のイベントの熱を見て改めて思った。

このイベントで上映された『テイク8』はYouTubeで観ることが出来ます。
これも素晴らしい作品でした。
ちなみに、主演の女優さんは『カメラを止めるな!』の主題歌『Keep Rolling』を歌っている山本真由美さんです。

reference:YouTube

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000