映画『オーシャンズ8』

TOHOシネマズ新宿にて映画『オーシャンズ8』鑑賞。
出典:公式サイト



【作品詳細】
スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、主演のジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが主人公となり、女性版オーシャンズが結成される。史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」を率いたカリスマ的リーダー、ダニー・オーシャンの妹デビーが仮釈放された。出所したデビーは犯罪プロフェッショナルである7人の女性に声をかけ、ニューヨークで開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」の会場で1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を実行に移す。デビー役のサンドラ・ブロックほか、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーター、歌手のリアーナら豪華女優陣が顔をそろえる。ソダーバーグがプロデュースを務め、「ハンガー・ゲーム」のゲイリー・ロスがメガホンをとった。
(原題『Ocean's Eight』 2018/アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画)

引用:映画.com



reference:YouTube



とりあえず間違いなく言えるのは「最高!!」ってこと。
サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットなど、とにかく豪華!!
カッコ良過ぎ!!
言葉は要らない面白さがある。

ただ、最高なんだけど、どうしても言いたいことがある。
むしろ最高だからこそ言いたい。


※ここからネタバレ入ります。


私がこの映画を鑑賞後まず思ったのが、解禁された時にあんなに「最高!!」と興奮したポスターについて。
上に貼ってあるのと、もう一つこちらもそうなんですが、
出典:公式サイト


この2パターンのポスター、どちらも最高なんです。
カッコよくて豪華で、まさに“オーシャンズシリーズ”って感じでメチャクチャ興奮したのですけど、本作を観たあとだとこのポスターはダメだとわかる。

この映画のタイトルは『オーシャンズ8』なんですよ。
“8”と言うことは8人なんですよ。
ポスターもちょうど8人なんですよ。
と言うことはこの8人なんですよ。
実際この8人だったんですよ。

アン・ハサウェイ!!


彼女の存在が一番面白いところでもあるのですよ。
これ、ポスターからではどの8人のことなのかわからないビジュアルだったら「えっ!そうゆうこと??」ともっと楽しめたはずなんだけど、ポスターからアン・ハサウェイが8人の中の1人だってわかっちゃってたから、なんて言いますかそこが惜しい!!
ビジュアル的に最高だったポスターなのにネタバレしちゃってたって感じ。

本当にこれがもったいない。
アン・ハサウェイの芝居が凄くて、「よくこの役を受けたな」ってぐらい最高なのに、ポスターが…あのポスターが…。
このポスター問題に関しては世界中で思ってる人がいっぱいるんじゃないかな。

とは言え、ヤッパリこのシリーズは最高に面白いのは間違いない。
これこそ“ハリウッド映画”の醍醐味的な作品。
そして“オーシャンズ”美しすぎ。
クライマックスのドレスアップシーンだけでも観る価値あり。

『後悔と反省の狭間で』

なんとなく思ったことを、ただなんとなく書いています。映画や舞台が好きなのでそのあたりの記事が多めになります。

0コメント

  • 1000 / 1000